« 独り六甲山全縦 | トップページ | 東山36峰マウンテンマラソンは、撃沈! »

2012.12.07

2012年度の萩往還140kmデータ

まったく走れないので、癒しに、2012年のデータを集計してみた。

Hagi1

140km、24時間の激闘の末、残念にも287名の方がゴールに辿り着けなかった。126名の方が虎ヶ崎の関門で、121名の方は、虎ヶ崎の関門を無事通過したものの、ゴールには届かなかった。
各関門の到着タイムをゴール時間別に整理
Hagi2クリックで拡大
山口の関門通過(早-遅)の幅はゴールタイムよらず約1時間程度であるが、虎ヶ崎の関門通過では、2〜3時間に広がり、ゴールタイム間でかなりオーバーラップしている。最終関門通過後の脚の残り具合が大きく影響するのだろう(あたりまえか(^^ゞ)。
ゴールに届かなかった方々の関門通過時刻
Hagi3 クリックで拡大
山口未着の方の英雲荘通過が、23時間台で完走された方の通過時刻よりも遅く、この先、長い距離を残しての時間との闘いになることが予想され。かなり精神的にも辛い状況にりそう。
虎ヶ崎未着の方は、英雲荘通過、山口通過の時刻が、22時間台完走者の時刻とほぼ同じ(関門時刻ぎりぎり)であるが、区間タイムがやや遅いことから、夜行軍が続く山口から虎ヶ崎の区間で、肉体的、精神的なダメージが強くなることが想像できる。126名の方がリタイアされた厳しい区間である。
虎ヶ崎を通過したがゴールに届かなかった方は、虎ヶ崎到着は23時間台完走者に比べやや遅いものの、これまでの各関門間の区間タイムは大きく変わらない。
残り45km、ゴールへ辿り着けるか、リタイアかの精神的、肉体的葛藤の連続なのかもしれない。
勝手な解釈を書き記したが、想像を確かめるためには実体験することが必要かな(^^)v

|

« 独り六甲山全縦 | トップページ | 東山36峰マウンテンマラソンは、撃沈! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 独り六甲山全縦 | トップページ | 東山36峰マウンテンマラソンは、撃沈! »