« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005.08.29

夢高原かっとび伊吹 完走記

8/28 に開催された「夢高原かっとび伊吹」のメモ&完走記

start1スタート地点から伊吹山山頂を望む。
標高差1157m を一気に駆け登るコース、アタックの部に挑戦!!

あそこがゴールだ(^.^)

伊吹山の天気


 7/25 「高低差520mにチャレンジ」のちくさ高原マラソン
     翌週、8月28日の「夢高原かっとび伊吹」のアタック伊吹の部(山頂)に
     締め切り当日、衝動エントリー。

 8/15 参加通知書が届く。誓約書にサインと印を押す。
 8/23 2日前のちくさ高原マラソンの酷い筋肉痛はない、と思って夜ジョグ開始。
     しかし、走り出すとスネが張って痛いし、足が重い。5.2kmで止め。
 8/24 朝ジョグ。かなり涼しくなってきた。足が前に出ないので、ゆったり
     ペースで8.4km。それと、階段15往復。
 8/25 体が重く、あちこち痛い。今ごろちくさの疲れが出てきたのか?
     歳かな(^.^) 夜ジョグせずに寝る
 8/26 振替えテニスで汗をながす。体の動きはいい感じ
 8/27 通勤前に公園内ジョグの予定が、寝床から出られず(^^ゞ
     早々に営業活動を終えて、帰ろう!
     夜はテニスで最終調整? 無事完了
     明日の目標は2時間以内、そしてレオナディバイドを慣らす(^O^)

【完走記】

4:50 起床。緊張&興奮なのか、目覚ましより早く目覚める。外はまだ薄暗い。
 いつものように、寝床でストレッチ。前屈は結構柔らかいのだが、腰をひねる
 のが苦手。
 食料などを詰めて、家族を起こさないようにそ〜〜と家を出る。
 食料:大福5、おにぎり4、チーズ2、菓子パン2、バナナ2、アミノバイタルゲル、
 アミノバリュー1L、H2O 500mL
 きれいな朝焼けで、東の空が真っ赤に染まっている。

5:25 出発156968
 高速に乗ると、前方の大きな真っ赤な太陽に向かって走る感じになる。
 FM80.2 から今日の日の出は5:28と聞こえてきた。
 早朝で空いていたので順調。途中バナナ1とおにぎり1を食べる。米原IC からは
 国道21号を東進し、標識に従い受付会場の「薬草の里」を目指す。
 前方には大きな大きな伊吹山がそびえ立つ。

6:49 到着157090(122)
 係員の指示に従って会場内の第1駐車場に止められた。5台目である。
 受付開始にはまだ50分程もある。ちょっと早過ぎた感じ。
 外は爽やか。車にいるのはもったいないので、散策。

7:20 受付の準備が整ったようなので、早々に受付を済ませる。
 ゼッケンは布製だ!また、ゴール付近で写真撮影もあるらしい!
 駐車場のすぐそばにある荷物置き場の建物前に敷物をしいてくつろぐ。
 建物は蒸し暑そうだが、外は建物の陰になっているので、涼しい。
 大福2を食べる。
 ごろごろしていると、最寄り駅からのシャトルバスが到着。続々とランナー達が
 降りてくる。車も続々と到着している。
 会場が広いのでランナーが増えても混みいった感じはない。
 山岳マラソンはほとんど走ることはできない、と聞いていたので、いつもの大会
 よりもスターと前の緊張感は少ない。
 布製のゼッケンを付けたT-シャツ、ランパンに着替える。

ひとつ迷っていることがある。それは靴。
 この大会はレオナディバイドを慣らすことも一つの目的なのだが、辺りを見回し
 てもそれらしい靴を履いているランナーはいない。場違いかな? 
 もう少し現地調査。
 歩き回ってランナーの足下をよく見ると、トレイル用らしき靴も結構多い。
 と、レオナディバイドを履いているランナーを発見。車に置いていた
 レオナディバイドを持ち出し、足を収めた。

スタートして1合目位まではランできそうなので、少しだけアップ。

9:30 スタート場所(目の前)に移動。

start威勢のよい伊吹太鼓の応援に気分が高められる。
ふと横を見ると、めぐさん!なんたる偶然。折り返しのないコースで探すは難しと思っていたのに。すこし言葉を交わす。幸先よし!そして、スタート直前に皆でコブシを振上げ気合いを入れる。いよいよである。


スタートから登山口(11分13秒06)

9:40 定刻にスタート
 先頭の10m 後方からスタート。スタートの写真が T-シャツの絵柄になるらしいが、
 10m後ろでは....。
 スタートロスは10秒程度だが、他の大会ほど気にならない。なにか「しまなみ」の
 時のように、ゴールできれば、との思いが強いのかもしれない。
 また、1km とか5km とかポイントがはっきりしているこれまでの大会と異なり、
 自分でどこのポイントで計測したか定かではなくなっている。写真に記録された
 時間と照らし合わせて話を進めるので、間違っているかもしれない

スタートして、すぐ左折。しばらく下りが続き、下りきったところを右折。
平坦なコースをまずまずの体感ペースで登山口を目指す。
舗装道路もレオナディバイドで十分走れる。
神社にさしかかると、登りが始まり、登山口となる。最初の給水所。

登山口から1合目(15分48秒63:27分01秒69)

ropeway3合目直通のロープウェー乗場を横目に見ながら、舗装された林道を登って行く。
くねくねと曲がった、かなりの勾配の坂なので、先のランナーが頭上に見える。
なるべく木陰&最短コースを登って行く。
既に歩き出す人もちらほら見かけるが、1合目までは歩かず走り通すつもりだったので、ふくらはぎを労るようキックしないよう、腰とモモで前に足を置くようにイメージしながら、ひたすら足を出す。
頭上にはロープウェーが往来している。
視界が広がると、1合目の給水所が待まっている。

1合目から3合目(24分01秒88:51分03秒57)

1goumeここから先は、木陰に逃げることができない。帽子のつばを後ろにして少しでも後頭部を直射日光から守る。
ゲレンデ直登のきつい壁が待ち受けている。
もう、走れない。パラグライダーの講習をききながらひたすら登る。
パラグライダーのインストラクターが「もっと前を向いて!」と大きな声で講習生に指導するたびに、思わず前を向いてしまう。
レオナディバイドのグリップはしっかりしている。
登山道は狭く、疲れたランナーを拾うときは草の上を歩かなければいけない。
滑ると体力の消耗は大きい。なぜかコースが2つに別れているが、自分はどちらを通ったのか覚えていない(。_゜)☆\バキ


2goume7分ほどで登りきり、少し平坦にまく感じの登山道を「走り」、2合目の給水所に到着。
振替えると1合目の小屋と長い長いランナーの行列が目に入る。


2goume22合目から先もゲレンデの直登が続く。
遠く見えるロープウェーの終点が3合目の給水所となる。
先は遠い。

3合目が近づくと平坦なコースとなるので、皆走り出す。
久しぶりの走りなので、足の出し方がぎこちない。

直進すれば岩場の登山道に繋がる分岐を3合目のチェックポイントへ登って行く。
ここはチャレンジコースのゴール地点でもあるので、大会に花を添える実況放送も行われていて、通過するアタックコースのゼッケンがアナウンスされる。
次の給水所は5合目なので、しっかりと保水する。

3goume前方には大きな伊吹の姿がよく見える。
さ〜、あの頂上がゴール!


3goume4(下山後の画像)望遠使うとこんなふうに見えます。
白いのが人。


3合目から4合目(5分20秒60:56分24秒17)

3合目の給水所から少し下り、緩やかなゲレンデを登って行く。
3合目からは一般の登山客と一緒に山頂を目指す。
{頑張って!」の声援を受けながら、コースを譲ってもらう。

ゲレンデの取り付きは走れたが、4合目に近づくと歩きに転じる。
このころ、20分遅れでスタートしたチャレンジの部のトップランナーのゴールを
祝福するアナウンスが後方から聞こえてきた。
スキーリフト降り場を巻くと、岩交じりの登山道となり4合目を通過。

4合目から5合目(5分48秒48:1時間02分12秒)

より一層「登山道」となる。これしか記憶に無し(。_゜)☆\バキ
次の給水所は8合目なので、5合目でしっかり塩と水を体に入れる。塩が美味い!

5合目から8合目(22分15秒72:1時間24分28)

5goume5合目給水所を出ると、頂上まで続く人の列が肉眼で確認できる。
先が長いな〜。


6合目、7合目と次第に岩場が多くなる。
レオナディバイドのお陰で、足はしっかり保護されている。
もう、ほとんど抜くことはできないので、前のランナーに離されないように付いて行く。
この辺りから、元気なおじさんランナーを先頭に、5名位の集団で登山客と挨拶を交わしながら8合目を目指す。
途中、スタート地点で見かけたレオナディバイドを履いたランナーを拾う。
かなり疲れているようで、道を譲ってくれた。


8goume最後の給水所8合目に到着。塩と水をもらう。
眼下には3合目のロープウェー乗場、5合目の給水所、そして、急坂の登山道を登るランナーや登山客の姿が一望できる。
随分登ってきたものだ。我ながら感心する。


biwako視線を上に移すと、大きな琵琶湖が浮かんでいる。
山頂はもうすぐ!

8合目から山頂(10分57秒28:1時間35分25秒)

当然のことながら、写真撮影をするたびに抜かれる。その度に、取り返そうと頑張る。
しかし、足の限界がきているようだ。
大きな段差が増えてきて、2本足で登れないところも多くなってきた。
早くも下山してくるランナーに声を掛けられ、元気をもらう。

集団に付いて行くことでいっぱいいっぱいで、ふくらはぎがつっても無理やり歩きながらのばして先を急ぐ。
多分、休んだら歩けなくなるだろう。

この辺りか?もっと前なのか忘れたが、追い抜きざまに目ざといランナーが私の足下を見て「レオナディバイド。山耐にでますか?去年13時間だったんですよ。下山も練習のつもりで下りられて、ロープウェーも使わず、ロープウェー降り場から会場までのシャトルバスも使わないほうがいいですよ」とアドバイスしながら、抜いて行った。
これしきで足がつるようでは山耐は厳しくなりそう。

集団の中にいた女性ランナーが遅れ始めた。

もうすぐ山頂。
前を行くランナーが空けたポイントに自分の足を置く、というペースで付いて行った。
足首を伸ばしてふくらはぎの筋肉を縮める動作をすれば、つってしまう状態が続いている。
だましだまし、ラストにとっておく。

前方から「ランナー通ります」の大きな声が掛かる。
山頂だ!!

goal10mほどの平坦な道がゴールに続いている。
ラストスパートで前のランナーを拾う、つもりが、足が動かない。

と、後ろから荒い息遣いが。やばし。
拾われちゃいました(^^ゞ

ゴールで写真を撮るとのことなので、1秒間隔くらいで3人がゴールヽ(^O^)ノ

ゴール後ゼッケン確認をして、スポーツドリンクをもらいに行くはずが、歩けずその場でマッサージを受けてしまった。 いや〜、助かりました(^.^)

頂上にはランナー、登山客、ドライブウェー経由の一般客で賑やか。
以前家族でドライブウェーを使って来たときとは、だいぶ違った印象。

携帯でゴールしたことを家族に知らせ、ホロリ。
写真をお願いして、パチリ。
売店でソフトクリームを買って、ペロリ。
 (ウェストバックには、カメラ、携帯、500円玉を入れていたので)

30分程山頂で休憩して下山開始。
と、ゴール10m手前の平らになったところで杭に捕まったまま動けなくなっている女性ランナーがいる。
完全に足がつっているよう。皆の声援のなか、1歩1歩を確かめるように足をだしゴールに辿り着いた。お疲れさま!!

gezan1登ってくるランナー、一般登山客を優先に下山するので大渋滞。
結局、登りと同じくらい時間をかけて3合目に無事到着。


走らなくてもいいのに3合目が近づいて傾斜が緩くなるとランナーは走り出す。
自分もそんな中にいた(^^ゞ

3合目には風呂に入るつもりで、着替えなど荷揚げしてある。
荷物を受取り、まずは、おにぎり、チーズで元気を取り戻す。

結局風呂にも入らなかったので、着替え一式は荷物となっただけだった。
「ここからも、走って降りるとトレーニングになる」、という温かいアドバイスをもらったが、無料のロープウェーの列に並ぶ。
苦労して登った高度を、あっっっっっ、という間に下る。

さて、ロープウェーを降りて、シャトルバスを待つのもなんなので、走って会場まで戻ることに。
背中の荷物が邪魔だけど、山耐ではもっと重い荷物を背負っているいるはず。
不思議な風景だが、前を見ると、走ってる!走ってる!
足も大丈夫そう。13時10分ころ無事会場に到着。

大抽選会、閉会式まで1時間ある。
濡れタオルで体を拭くと、タオルが赤茶色に。汗で土ぼこりが張り付いているようだ。
位蛇口の下に頭を突っ込み、頭からクールダウン。
さっぱりさっぱり。
おじさんランナーが、どこからかホースを見つけ出し、スッポンポンで水浴びしていた。目の毒。

着替えて、特産品を物色し、蕎麦巻きを土産にひとつもらう。
13時45分 もうすぐ抽選会が始まるが、会場を後にする。

かっとび伊吹は、目標の2時間(目安がないので、目標自体がいい加減だったこともあるが)を大幅に短縮して1時間35分程度でゴールに辿り着けたので、大満足。
時間というより、足がどこまで耐えられるか を試す大会のように思える。
その意味では、最後は足が自由にならなかったので、まだまだ。
また、レオナディバイドを履いてのラン&登山は最高であった。
あのゴツゴツした岩場でのランシューズは足を傷めるかもしれない。
その証拠にレオナディバイドつま先や側面は岩で擦れた傷跡が多く見られた。
特に下りではレオナディバイドのようなトレイルラン用のシューズは必須だろう。
下りも走れるところは走った。
距離が短いが、マメもできず足にフィットしているようである。

天候がよく、眺めが最高だったこともあり、得られるものが多かった大会であった。
山岳マラソンは、登山である!
来年も夏場のトレーニングとして、出てみたい大会である。
もっと足腰鍛えて、10月の山岳耐久レースを楽しみたい!


抽選会を待たずに早々に引き上げたのは、
16時から淀川工業高校で行われるラグビーの練習試合の応援のため。
3年生として試合する姿を見られるのも残り少ないので、できる限り応援に行ってやりたいと思っている。
高速もさほど混んではいなく、安全運転をしながら菓子パンでお腹を満たす。

15時過ぎには茨木IC に到着。
ここからの一般道が混んでいた。結局16時ちょい前に淀工に到着。
NZ合宿、菅平合宿の成果を発揮して、トライを重ねるのびのびプレーのフィフティーンを応援することができた。めでたしめでたし。

応援を終え、帰着したのが18時50分。

いつものように、シャワーに入りながら洗たく機を回し、干して身の回りを物片づけて、いよいよ美酒!95円のカロリー控えめの缶酎ハイが美味い!!
土産の蕎麦巻きを皆で食し、さらにもう一缶。
いい一日が終わった。


    
     

| | コメント (6)

2005.08.27

レギュラーゲット!

7月いっぱいで3年生が引退し、8月からは娘達2年生の時代に入った。今日は初の大会。1週間ほど前に2年生30数名から代表12名が選出され、娘も名前を呼ばれた。親としては大喜びヽ(^O^)ノ
でも、それからも不安そうな顔つきの娘。先発できるか?が、分からないらしい。2日前も、塾の帰りに、ぼそっと「同じポジションで友達の方が上手なんだ」。
ところが、昨日のお迎えの帰り道は、ルンルン!でも、教えてくれない。
家に帰ってみると、背番号6のユニフォームが吊るしてっあった!
今ごろそのユニフォームを着て、頑張っていることだろう。
さて、今日の機嫌は○かなXかな△かな?

| | コメント (0)

2005.08.25

山岳耐久レースの準備(ザック)

10/9-10 の山岳耐久レース用にザックを購入した。
Deuter の Speed Lite 20
 重量:500g に魅かれ、6月頃から、ネットで価格を調べていたが、最近「入荷未定」とか「1ヶ月」とか表示されるサイトが増え、3番目位に考えていたサイトで購入手続き完了。
届くのが楽しみである。

8/30 無事到着。軽くて、スマートでなかなかいい感じ。

| | コメント (0)

2005.08.22

第16回ちくさ高原マラソン全国大会 完走記

8/21 に開催された、「第16回ちくさ高原マラソン全国大会」 のメモ&完走記

chikusa01ゴール目前の急坂。この坂が壁のように立ちはだかる。
ゲートがゴールではありません(^^ゞ
ゴールは、緑の屋根の体育館手前を左折して50mくらいのところ。



宍粟市の天気

 5/21:8月に誕生日を迎えるが、ひとつ大人? になった後の8月21日に開かれる、
    「高低差520mにチャレンジ」がうたい文句の
    第16回ちくさ高原マラソン全国大会のハーフにエントリーした。
    申し込み締切りが7/7 なので、「しまなみ」が終わってからでもいいのだが
    性格上、落ち着かないので(^-^;;;
    場所は05年4月1日に誕生した穴栗市(しそうし)のちくさ高原。
    穴栗市には、アウトドア関係のスポットが豊富のようだ。
    ここ数年、キャンプ道具は眠ったまま。次に使うのはいつになるか...。

 8月に入り参加通知書が届く。
 8/15 避暑がてら、家内と「ちくさ高原」までドライブ。
    既にkm表示、給水ポイントなどの標識が準備されていた。
    残り5km からの勾配は、車も頑張って登っている、ってな感じだった。
    6日後は、自分の2本足で登らなければいけない。かなりきつそう!
 8/19 いよいよ明後日。降水確率70% なり。初めての雨ランになりそうだ。
    いつものように大会前&当日食べる大福を購入。
    夜になって、予報が曇り、降水確率は40%になった(^O^)
 8/20 朝ジョグ10km+階段10往復で最後の調整。
    12〜16日の盆休み中続けた、「朝ジョグ+階段」 の成果が
    どんなものか、明日が楽しみ。
    夜は、久しぶりのテニス教室。ほどほどに体をほぐす。
    明日(もう今日か)の準備をして寝る(24時過ぎ)

【完走記】
8/21
5:00 起床 朝ジョグで早起きには慣れているので、すがすがしく目覚める。
 きれいな朝焼け。まだ、雨は降っていない!
 いつものように寝床でストレッチ。スタートは10時なので、朝食にはまだ早い。
 早々に出かける準備をして出発。

5:38 出発
 朝早いので、宝塚付近も渋滞無し。よっしゃ!

6:44 山崎 IC
 高速を降りると、雨が降り始める(;_;) 雨のレースの予感。
 さらに、国道429に入ると雨あしが強くなる(;_;)
 しかし、山越えして ちくさ高原に近付くと雨が止んでくれた(^.^)
 今日の舞台となるちくさ高原へのアプローチを登って行く。
 6日前に家内とドライブして、坂の急勾配を体感してはいるが、
 改めて延々と続く長い坂にため息。
 数時間後に2本足で登るのか、と思いつつアクセルを踏み込み。

7:37 到着(155km)
 既に数十台の車が駐車場に止まってる。
 今にも降り出しそうな黒い雨雲がスキー場の山頂付近を覆っている。
 受付を済ませ、辺りをうろうろ。結構、風がある。
 そうこうしているうちに、雨が降ってきた。急いで車に戻る。
 雨が降ったり、止んだりの変わりやすい天候。レース中はどうなるのか?
 車でパンフレットを見ながら、おにぎり、大福、バナナなどで朝食を済ませる。
 更衣室も用意されているが、荷物を運ぶのが面倒だし、車のなかで着替え、
 散策&トイレ。

chikusa02発見発見!!
レース後の楽しみのひとつ、西瓜が用意されている。
立派な西瓜だ。この西瓜を早く食べたいものだ。

9:30 急な坂をアップしているランナーも多いが、私は、体力温存。
 平坦な駐車場を300m ほどアップしたのみ。
 下りが苦手なので、膝を痛めないように、また、上りの気力と体力を残す
 ために折り返しまでを4分45秒/kmくらいのペースを維持できたらと思っ
 ている。
 上りは、特に残り5kmからが一段とハードになるが、歩かず最後の5km を
 7分台/km で頑張れるか?が、目標の2時間以内でゴールできるかの分かれ目。

9:50 集合場所へ移動。幸い、雨が止んでいる。
 下りが苦手なので(こればっかり(。_゜)☆\バキ)最後列に位置する。
 後ろの方は、空いていてのんびりできるし、穏やかな雰囲気が漂っている。
 カウントダウンが始まった。30秒前、20秒前、10秒前.......

10:00 スタート
 先頭集団は、一斉に下る。でも後ろの方は、結構のんびりムード。
 スタートロスは19秒程度。
 いきなり急坂が続くので、前のランナーに追突しそうになる。
 ちょっとのんびりしすぎる感じなので、少しずつ前に前にと、自分の場所を探す。

chikusamap2コースマップをクリック
赤が往路、青が復路のラップタイム(秒/km)

我流だが、急な下りは、膝を曲げ気味にしてあまりモモを上げずに、足を置いて行く
感じで走っている。丁度、山の下りのような感じで。
適当にブレーキがかかり、振動が少ない分、膝への負担が少ない。
腰を前に出すように下りられれば、タイムももっといいのだけれど、心肺機能もそれ
ほど強くないので、私には膝曲げ走法が丁度いい。

0〜4km ほぼ4分30秒〜45秒/km で下っている。
  下り出すと、気温が上がった感じがする。風は向かい風。

4〜9km 少し勾配が緩くなると膝曲げ走法ではなく、歩幅が延びるめだろう、
  ペースが上がる。4分30秒/km は確実に切っている。
  沿道からの温かい応援がペースを維持させてくれたのかもしれない。
  そして、一緒に走っているランナーに離されないように、意識して足を運ぶ。
  8km を過ぎたところで、折返してきた白バイと遭遇。
  トップのランナーが勢いよく駆け登ってきた。

9〜10km また勾配がきつくなったので、ペースが落ちる。
  折返してくるランナーも増えてくる。
  若いランナー、年配のランナー、女性ランナー、多くのランナーが上ってくる。
  ある、ゼッケンのランナーさんを探しながら走った。
  大会に出始めたころ、そのランナーさんにはメールを差し上げたことはあるが、
  お会いしたことがない。
  その方は、めぐのRUNらんPage の管理人さん。
  大会をよく知らない私は、めぐのRUNらんPageの「大会模様」を見て、
  大会を選ぶことが多い。というより、ほとんどが追っかけ状態かもしれない。
  今回のちくさ高原もそうだし、来週の伊吹も(^.^)
  腰痛が完治されていないようなので、棄権されたのかと思ったが、
  10km 地点を通過してすぐ、折返されて上ってこられる管理人さんを発見。
  いきなり声を掛けることもできず、そのまま下と上に遠ざかる。

中間点の大きなコーンをタッチして 48分01秒 で折返す。
  なんとか、想定の範囲内に折返すことができたヽ(^O^)ノ
  これからが頑張りどころ。

折返して、上りに入ると残り10km地点までで、ペースが一気に落ちる。
  そして、一気に汗が吹き出始める。
  この付近の給水所は往路側にあるのだが、ボランティアの方が、復路側にも
  コップを運んでくれて、手渡してくれていた。ありがたいことである。
  残念なことに、丁度無くなったので、もらえなかったが(^^ゞ

残り10〜8km なかなかいい感じの 5分14秒/kmのペース。
  この区間で、管理人さんに追いつき、給水所で声を掛けさせてもらった。
  管理人さんは昔のメールなど忘れていらっしゃるようだが、声を掛けさせて
  もらえるだけで満足である(管理人さんの日記にMさんと書かれている)。
  やはり、腰痛が出てペースが上がらないご様子。お大事にしてください。
  「どうぞ、先にいってください。」と、先に行かせてももらう。
 
残り8〜5km  だらだらと坂が続く。平坦なところはない。
  憂うつになるので、あまり遠くを見ないようにして走る。
  それと、風が向かい風に変わっている。おいおい。
  ペースは徐々に落ちてきているが、なんとか 5分台/kmを維持している。
  いよいよ残り5km からの急坂が始まる。
  沿道の声援を受けながら、急坂に突入!

残り5〜4km 10kmコースのランナーと合流。ランナー密度が一気に上がる。
  歩いているランナーも多い。目の毒である。
  へいこらへいこら足を進めるが、まだ入り口だというのに6分台/km に
  ペースダウン。  ペースが落ちても、歩いているランナーは拾える。
  一人また一人とランナーを拾う。
  いやらしいのだが、拾うときにちらっとゼッケンの色を横目で確認して
  しまう。
 
残り4〜3km ついに7分台/km に突入
  練習コースの名神側道の上り坂をイメージ(勾配は比較にならないが)。
  「後、4km で家に着く」と。

残り3〜2km じわじわとペースが落ちる。
  足が上がらなくなってきた。全身汗と給水所の水でずぶ濡れ状態。
  「もうすぐ、池の周辺の比較的平坦な場所に辿り着けるぞ」 
  と、頭の中だけ現実逃避。

残り2〜1km 池に到着。ペースの落ち込みを食い止める。
  後は、ラストの急坂
chikusa03ラスト200〜300m位か? この坂を下から上がってくる。

chikusa04さらに、こんな坂をゲート(このゲートがゴールではない)目指して、上って行く。



ゲートをくぐり、一応、ラストスパート。
しまなみ以来の実況の演出。これが結構、いい。
ゼッケンがアナウンスされ、健闘が讚えられる。
ゼッケン○○○さん。いい走りで、ゴール!!!

ゴールすると、冷たいおしぼりが手渡され、首筋に当てる。
気持ちいい。
さすがに疲れた。チップを外そうと腰を降ろしたまま、しばし動けず。
さてさて、西瓜でももらいに行くか!
既に多くのランナーが食べた、西瓜の皮がごみ箱からあふれていた。
甘い西瓜を2切れご馳走になり。満足。
全身ずぶ濡れ状態&お日様が出ていないと、一気に身体が冷える。
もう少し会場の雰囲気を楽しみたかったが、車に戻る。
駐車場に行くと、既に出口に向かう車の列ができている。
レースが終わるまでは車両通行止めなので、後1時間近くは動けない
というのに。
幸い、自分の車の後ろまでは列が延びていなかったので、着替えて
車を移動させて列に並ぶ。

13時になると、ランナーに代わって車がコース上を下って行く。
ブレーキを踏まないとスピードが出て危険なくらいの急な坂を。
雨も、レースが終わるのを待っていたかのように、強く降り出した。

帰りの宝塚で自然渋滞にあったものの、ほぼ予定通り、16時に我が家に
到着。
いつものことだが、娘の塾のお迎えが終わるまで美酒は取っておく(^.^)
ひとつ大人になった最初の大会が終わった。

来週は、伊吹山に挑戦!
標高差1157m を一気に駆け登ることが、できるだろうか?
トレイルラン用シューズに足を合せねば。

| | コメント (0)

2005.08.20

PsLink Ver.0.8.2 公開

せんべ さん作、PsLink がヴァージョンアップされました。
ありがとうございます。
変更点:

Palm,Inc.以外の機種で、予定へのリンクが効かない不具合を修正しました。T|T3以降のPalm,Inc.の機種以外に 0.8.1をインストールされた方は入れ替えて下さい。宜しくお願いします。
とのことです。

| | コメント (0)

2005.08.19

気になる DayNote!

以前より、予定表(Calendar)のメモ(Note)を閲覧するアプリを望んでいた。
そして、忘れもしない 6/14 (検索して探し出した(。_゜)☆\バキ)、

PopEJ(現TapPop)の開発のやりとりメールに
  個人的にあったらいいな〜と思っているのは、予定表のコメントを抽出する
  アプリ。
  PsLink でメモにリンクさせたりしますが、予定のコメントとしてメモる
  場合が多いです。それを一覧表示させ中身を見たい時があります。
     日付 予定項目 コメント内容 カテゴリ
     カテゴリの選択でフィルター効く。
と、いつものように、勝手なリクエスト書いてしまった。

機能が豊富な A5DateLiner に出会う前のこと。
A5 や DateLiner も便利に使わせてもらっていますが、最初にイメージしたような機能を絞ったもっとシンプルなアプリがあってもいいな〜と。

そして、T-Pilot さんのメールに添付されてきた1st version から幾度となく改良をお願いしてパワーアップ。
いまのところ公開は未定のようですが、ちょこっと紹介しちゃいます。

daynote-02表示:日付、時間(時間指定がない予定は NoTime)、カテゴリ、予定タイトル(下線)、Note の1行目(メモ帳と同じ感覚)。
機能:日付タップで標準予定表アプリ起動してジャンプ、カテゴリボタンタップでカテゴリのフィルタ、予定タイトル/Note 1行目タップで編集画面表示

daynote-01表示変更:
日付/時間の非表示、予定タイトルの非表示(Note が無いときは、詰めて表示可能、画像)
320x480 、480x320 対応、tiny/small font 対応



時系列でソートできるメモ帳的に予定の Note を活用できそう(^.^)

追加:
LifeDrive に、こんな画面あったかな?
cardex-01

cardex-02

| | コメント (0)

2005.08.10

通勤ラン

最近、まとまった距離が走れない&距離を走らないのによく食べる。
気分一新、通勤ランした。
暑くなるので、ちょっと早めに5時45分に出発。
湿度が高いので、15分も走ると汗でびしょ濡れ。
無理しても仕方ないので、ゆっくりペースで、最後は歩きも入り、
2時間をちょっとだけ切って到着。
まあ、いい刺激になったことだろう。

20時頃から帰宅ランの予定。今夜も蒸し暑いだろうな〜。

予定通り、20時ちょい過ぎに職場を出た。
いつものように、前半の50〜55分間は快調に足がでる。
問題は、後半の後半。
またしても暑くて気力が萎える。足自体は疲れていないのに、パタッと止まってしまう。しばらく、歩いて、また走る。痛いところはなく、走れる。また、パタッと止まる。 こんなことの繰返しで、55分くらいで辿り着ける後半が、1時間20分もかかってしまい、22時20分頃、到着。
今の気候では、10〜15km くらいが限界かな。

| | コメント (0)

A5 極私的なマニュアル(ひとまず完成)

X-Code 設定について追加しました。
A5 を使ってみよう!

一通りの設定&操作(動作)について紹介できたと思います。
ToDo 「A5マニュアル作成」 に完了のチェックいれるかな(^.^)

| | コメント (5)

2005.08.09

レオナディバイド走り初め

ひょんなことから、 Montrail レオナディバイドの走り初めをした。
家内と娘とお友達の母娘の4人で夕方からエキスポに遊びに行った。
夕食はエキスポで済ませてくるとのことで、私の分は用意しておいてくれた。
早めに夕飯を食べて3日ぶりにジョグしようと、21時半過ぎに帰宅。
しか〜し、家の鍵がない! どうやら、もって出るのを忘れたみたい。
家内達が帰ってくるのをボ〜と待っているのもなんなんで、
下駄箱と化している車のラゲージに積んであるレオナディバイドでジョグることに。
先日購入したランニングパンツも積んでいたので、ラッキー。
上のT-シャツがないので、ちょっと変な格好になったが、まあ、誰も見ていないだろう。
帰ったコールが入るまでで、9.1km ほどアスファルトの上を走った。
靴底がごっついが、思ったより走りやすかった。
短い距離だが、マメもできず、まずまずの履き心地。
土の登り下りがどんな感じか、試して見たい。

| | コメント (0)

PsLink Ver.0.8.1 公開

せんべ さん作、PsLink がヴァージョンアップされました。
ありがとうございます。

T|T3以降のPalm,Inc.(旧PalmOne)のデバイスで、新PIMアプリ用
データベースを使用するアプリケーション(AgendusProなど)
使用時に、同アプリ内でリンクが出来ない不具合を修正。

| | コメント (0)

A5 極私的なマニュアル 加筆

リスト画面(ListView) の設定&操作について追加しました。
A5 を使ってみよう!

リスト画面のカスタマイズは、無限(^_^;)
お好みをお探し下さい。

| | コメント (0)

DateLiner v1.0 公開

ogaoga さんの、PalmOS 用予定表互換アプリケーション「DateLiner」が
バージョンアップされました。
お知らせ、ありがとうございます。

・2行表示対応。
・曜日、マスクなどの色を指定できるようにした。
・曜日等の表示を英語と日本語で選択できるようにした。
・日本語表示時、相対表示の ON/OFF を指定できるようにした。
・NextLauncher や McPhling? などで、DateLiner が一つ前の
 アプリケーションとして認識するようにした。
・文言を英語に変更。
・予定がない状態で、選択したりカレンダーを開いたときの挙動
 を修正。
・[CLIE] バックボタンでホームに戻らなかったのを修正。
・その他、微調整
画像は後ほど(^_^)

画像アップ
dl10pre1日本語表示時に、相対表示の On/Off、あるいは英語表示が選択できる


dl10pre2曜日、今日、明日、昨日など、色分けして表示が可能


dl101日本語で日付を相対表示

dl103「今日」や「明日」も色が指定できるので、相対表示でなくても視認性は十分

dl1022行表示にすると、メモの1行目が表示される。

McPhling で前のアプリに戻ることが可能となりました。
これで、DateLiner<ーー>Calendar の往来がボタン一つでOK に!
対応していただき、ありがとうございます。

| | コメント (0)

2005.08.06

間に合った!

その1
木、金 と出勤前に朝ジョグ。
3日目の今朝は、起きれなかった。
夕方の約束のため、自転車で出勤(5L のペット無し)。
一生懸命漕いで、会議に間に合った。

その2
ようやく来週夏期ボーナスが支給されると知らされた。
労使交渉に進展がなく、結局冬期と合わせて0.15ヶ月減に落ち着いた
ようだ(;_;)
ローン返済日に間に合った。

その3
明日から息子が菅平合宿に行く。
今日は娘の塾も、私のテニスもないので、家族で夕飯を食べることに。
渋滞にはまらないように、会社から自転車で帰宅。
出るのが少し遅れたが、約束時間に間に合った。

その4
食事中での会話で、
明日は、6時に息子を高校に送り届け、その足で
ナガシマスパーランドに行く  予定らしい(。_゜)☆\バキ
月曜朝までの締切り資料の作成が、間に合うか?

| | コメント (0)

A5 ver. 0.1L(4) 公開

A5 が、またまたバージョンアップされました。
また、既に sambon さんによるリリースノート訳も公開されています。

で、その訳をみながら、極私的なマニュアル「A5 を使ってみよう!」もVer. 0.1L(4)に対応させました。
リスト画面については、いまだに工事中ですが.....(^^ゞ

sambon さんを通じて、作者さまにリクエストしていただいた
「終了時刻の表示/非表示をメニューから切り換えられる」の機能が搭載されて
大変嬉しく思います。
ありがとうございました、 sambon さん、作者さま!

| | コメント (0)

2005.08.05

A5 極私的なマニュアル 加筆

引き続き、ListView の設定&操作は工事中なのですが、少々追加しました。
A5 を使ってみよう!
追加した内容(画像)
 インストールファイル
 アイコン&スキン
 予定新規作成
 ToDo 新規作成
 アイコン表示 on/off
 Index も項目追加

A5 の動作確認はほとんどT|T3 で行っていたので気がつかなかったが、
LifeDrive (Treo650 もでしょう)では、日誌、予定、ToDo の作成&編集
画面の操作が、5-WayNavi で可能。
さらに、キーボード付きのTreo650 では入力も含めて、片手で操作が完結
できるのだろう。
さらにさらに、ETPリストの表示も、週数をいっきに移動するのも、
リスト画面を切替えるのもキーボードからの入力で実行できる。
素晴しい!

| | コメント (0)

2005.08.04

朝ジョグできるかな?

娘の夏休み期間中の塾が終わる時間が22時過ぎになるので、毎日仕事帰りに pick up するお役目。
家に着き、食事すると23時を過ぎてしまう。
それからジョグ、っていうのはかなりきつい。
通勤ランすればいいのだけれど、それではお迎えのお役目が果たせなくなる。
今月21日と28日はかなりハードな登りのある大会が控えている。
それなりに準備しないと、当日が恐ろしい結果に(^-^;;;
で、一昨日、朝ジョグをしてみた。
5時半に寝床で体を動かし出し、6時から1時間ほどジョグして、シャワーを浴びて出勤。昨日も試みようとしたが、起きれず。
明朝(4時間後くらい)は、起きるぞ!
こんなこと書いている暇に寝たほうが.....。

【結果】
5時20分に T|T3 の World Clock の目覚ましに起こされた。
しばらく、ぼ〜〜〜〜と。
ウーロン茶を飲み、ストレッチして6時からジョグなどできた(^_^)v
内容は、8.4km逆コース、マンション1周1.3km それに、7時までに
10分ほどあったので、登り対策?75段の階段10往復。これで丁度7時。
シャワーを浴びて、ヨーグルト+バナナ+低脂肪牛乳 食べて出勤。
疲れが、どの程度か、楽しみ(^.^)

| | コメント (0)

2005.08.03

A5 の極私的なマニュアル

sambon さんのプログの 「A5使ってみませんか?」 が A5 との出会いでした。
また、sambon さんによる日本語ローカライズで、マニュアル作成に
拍車が掛かりました。
ありがとうございます。
A5 の極私的なマニュアルを取り合えず公開(^-^;;;
Visor と Mac の小部屋から どうぞ!
直行したい方は、使ってみよう!シリーズの「A5 を使ってみよう!」をご覧下さい。
今回は、週間画面の操作まで。リスト画面については、後ほど(^-^)v

| | コメント (4)

2005.08.02

あらら、A5 0.1L(3)が公開されている

A5 がバージョンアップされたようです。
早々に sambon さんが、 リリースノートを訳して下さいました。
ありがとうございます。
多くの仕様変更やバグ修正がなされているようです。

お知らせ:極私的なマニュアル近日中に公開
仕様変更された画像撮り直ししなくっちゃ(^-^;;;

| | コメント (1)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »