« LifeDrive その2 | トップページ | ぶり返し »

2005.06.14

LifeDrive その3

LifeDrive 購入の理由の一つ、音楽再生機能とデジカメ画像の取り扱いを試してみた。

音楽再生

ldmusic-01LifeDrive を Drive Mode でマウントし、iTunes で管理している Music ファイルの中で mp3 のものをフォルダごと Drag&Drop。
ディレクトリはどこでもいいみたいだが Music フォルダに入れた。
画像は LifeDrive の Files で表示したもの。


ldmusic-02DriveMode 解除してLifeDrive の pTunes を起動。
左端のアイコンタップでMusicファイルを選択できる。好きな楽曲だけ再生可能。
耳にの感性がいまいちなので、音質については言及できないが、車でも十分聴けるので、一応、iPod の代りにはなる。
ただ、イヤホーンジャックの差し込みが、カチッといかないのと、本体の下にあるので、逆さまにしないとカップホルダーに立たせることができない。


ldmac-01もともと Mac 本体にある音楽ファイルなので、ハードリセットのときの Internal HD データの消去に備えたバックアップは必要ないが、HotSync すると、Internal HD Backup フォルダ(青色)にバックアップされる(オレンジ色)。
ただし日本語が化け化け。対処方法があるのか模索中。

デジカメ画像

ldcamera-01ldcamera-02


デジカメのSD カードを LifeDrive に挿入すると、Internal HD にコピーできる。
いわゆるストレージ。
ただ、ハードリセットすると消去されてしまうので、一時的なストレージ。
音楽フィルと同様 HotSync で Internal HD Backup フォルダ(上画面の青色)に
バックアップされる(DCIMフォルダ、上画面の緑色)。
ハードリセットさえなければ、旅行中に1枚のSD カードを使い回すことは
可能だろう。
また、DriveMode で Mac にマウントすると、iPhoto が起動してライブラリ
に簡単に追加できるのが、ありがたい。

運悪くハードリセットしたしまった場合、HotSync で Backup フォルダ
だけではなく Internal HD Backup フォルダ内のファイルも LifeDrive
にインストされる。
その場合、音楽ファイルの日本語が化けているので、LifeDrive で再生できない。
しかたなく入れ替えるしか方法がないが、なんとかならないものか?

|

« LifeDrive その2 | トップページ | ぶり返し »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。