« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.30

気になる DateLiner!

TextMenu でお世話になっている、ogaoga さんが、
予定表のデータを、時間軸にそって1列に並べる DateLiner v.0.8 を公開されました。
ありがとうございます。

kim さんのKsDatebook を使われている方は、
「予定/ToDo表示画面」を週表示して、ToDo表示がない 状態を想像してください。

っていうか、インストして起動されれば、直ぐ分かりますが(^^ゞ

DateLiner の検索機能、便利です!
DateLiner v.0.8のコメントにも報告されていますが、
T|T3, LifeDrive では、一覧から予定を選択しても予定表アプリが
起動しませんでした。Calendar だからでしょうか?

こんなアプリがあったらな〜〜 と思っていること:
予定表のコメントを一覧できるアプリ。
ジョギングの後、何時から何時までって、予定表に書き込んでいます。
そこのコメントにタイムとかコーストか感想とかメモっています。
ジョギングのコメント同士を比較したいとき、いちいち予定表の日を送り、
探してコメントを見るか、
検索して一覧から予定表を経由してコメント開くしか方法がありません。
(繰り返しコメントを見たいときは、また検索しなければいけないし)

DateLinerの検索機能、さらに DA的なコメント表示機能があると、超便利に
なりそうです。
DateLiner でコメントもアイコン表示され、予定表を経由しなくても、
予定表と同じようにアイコンタップでコメントが表示され、閉じるとDateLiner
に戻れるような仕様(検索した場合は、検索結果画面)。

| | コメント (0)

2005.06.29

LifeDrive の 5-WayNavi

LifeDrive の 5-WayNavi の動作(仕様)は Treo650 に似ている。
だから、Addrex のボタン操作ができない(T|T3 ではそのままで機能する)。
そんなんで、Treo650 での設定を思い出した。
利用するのは、FlexButton と FxMapper
設定方法は、http://d.hatena.ne.jp/TomSan/20050222#p1

いまだに、T|T3 と同じ設定。LifeDrive ならではの使い方ができていない(^^ゞ

| | コメント (0)

2005.06.27

標準ラウンチャの不具合をフィクス

T-Pilot さんが、標準ラウンチャの不具合をフィクスしてくれましたヽ(^O^)ノ
T-Pilot BBS の「JaPon v.1.0i」スレッドをご覧ください。

※標準ラウンチャのMenu->Options->DisplayOptions...で表示の乱れ、
 ソフトリセットが発生する場合
※Zire31、72、T|E2、T|T5、LifeDrive対象
※Launcher_jpJPを吐き出しますので、J-OS環境でも有効です
とのことです。
LifeDrive ではバッチリでした。
ありがとうございます。

| | コメント (0)

2005.06.26

1週間ぶりのジョグ

先週の土曜日以来、休足していたが、今日からジョグ再開。
17:10〜18:50
真夏の日差しのような中、片手に500mLのペットボトルを持ち、
左腕に iPod Shuffleを付けて、1時間30分走ることを目標にスタート。
久しぶりなので、最初は恐る恐る。
直ぐに、下腹が痛くなるが、暫くして無くなる。
暑くて暑くて、20分毎に給水。500mL しかないので、体に良くないけど
1口で我慢。一応、ポケットには500円玉1枚を入れている。

いつもの 8.4km周回コース。登りはキツカッタ。
結局8.4kmコース2周、16.8kmで 1時間35分。
クールダウンに1.3km 合計 18.1kmで終了。
心配していた、左膝と右足首の痛みもなく、まずまず。
やぶはら高原ハーフマラソンまで3週間。
少しずつ、元に戻していこう。

体重、62.4kg--->60.4kg
給水500mL だったので、 発汗 2.5L、体重の4%。
3%以上で脱水症状を呈するそうだ。
給水を増やさないと危ない危ない。

今日のジョグで、今月も目標の 200kmを突破できた。
祝杯のビールが美味しい。

| | コメント (0)

2005.06.25

自転車通勤で

今日は、久しぶりに自転車通勤した(往復36km)
自転車は、膝や足首への負担は少ないので、膝と足首の痛みはない。
背中のザックには仕事関係の書類と、水5L(咽喉が渇くので(。_゜)☆\バキ)
行きも帰りも10km程で腰が痛み出す。それでも、ペースはそれほど落ちず
55分位で目的地に到着。
ジョギングしているランナーを見かけては羨ましく思う。
自転車ではなく、自分の足で進みたい。
ジョグができるか、明日、試そう。

水5L が(自転車・2本足で)苦にならなくなったら、
10月の第13回日本山岳耐久レース(24時間以内) 「長谷川恒男CUP」
に出たい。家族のお許しが貰えたら、が絶対条件だが(^_^)

| | コメント (0)

TapPop 公開

TapPopiconT-Pilot さんに TapPop を公開していただきましたヽ(^O^)ノ
T-Pilot さんのBBS 「ケーススタディ派生品」スレッドを参照してください。
勝手なTapPop の紹介はこちら

注意点
・T|T5、LifeDriveのFiles、Favoritesから起動しないでください
 リセットを余儀なくされます必ず、標準のラウンチャで起動のこと
とのことです。

| | コメント (1)

2005.06.24

LifeDrive その6

LifeDrive その5のその後 の完結編
実際問題 BackupBuddyVFS Personal で Backup <-> Restore は可能なのか?

下準備
1. BackupBuddy は LifeDrive/Application に入れておく
2. まずは初期化して HotSync して HotSync ID をだけ取得した状態で Internal HDD に Backup
 LifeDrive/Palm/Backup
 Treo650 のときと同様に、Backup フォルダを Backupbasic と名変する
 これで、Mac と HotSync する必要がなくなったので、気軽にハードリセットできる
本番
1. LifeDrive/PersonalBox を作成し、必要なアプリ&データを Drive mode で Mac からコピー
2. LifeDrive/Application  にもアプリをコピー
 BackupBuddyVFS Personal
 FileZ
 McFile
 TapPop

3. LifeDrive/Application の McFile を起動し、LifeDrive/PersonalBox からアプリ&データを本体にコピー
本体の標準アプリケーションの Info で確認したヴァージョン
(実際のヴァージョンと表記が違うものもあるので【】に実際のヴァージョンを加筆)
 Addrex v.1.47【1.492β】
 AOCtrl DA v.1.5【1.6】
 BackLitSetDA v.1.0
 BackLitSwDA v.1.0
 BTLaunch v.0.7.4
   BTL1 v.0.1.1
   BTL4 v.0.1.1
 ClipPRO v.2.1.1
 Clips v.1.5b
 DAHelper v.1.0
 DALauncher v.5.1b4 <--TapPop で OK
 daMemoPad v.2.41.0
 EiWeight v.1.5.2
   NSBRuntime v.4.4.2a
   NSBSystemLib v.2.01
 FlexButton v.1.1Beta7
   FxMapper v.1.1Beta7
   FxMenu0〜3 v.1.0
 Font Shift v.1.2
 FullHalfDA v.0.8
 J-DOC v.5.0b8
 Japon v.1.0i
 JFile v.561.0【565r】
 KDIC v.1.46
   KDIC DA v.1.46
 KsDatebook v.1.6
 Mail v.4.5TPlt T3DIA
 McPhling v.5.70
 nenpikun v.1.30
 NNsi v.1.0【1.24rev000pre04】
 POBox v.1.7.2h
   FEPSwitchDA v.1.0 <--TapPop で OK
 Pbinline Word Reg v.0.3.12
 PEM v.2.0.7
 Polar v.1.3
 POPJ v.1.02【1.02h】
 Pow.GUARD v.0.1
 PsDB v.0.5.2
 PsMemo v.0.7.3
 ScreenShot v.2.3【2.3 2005-01-15】
 Select Font v.2.0
 T-Pilot icon v.1.0
 T-Suite v.1.0dcb
 Teikei DA v.1.3.0
 ToJisDA v.1.0-DA
 TS-Font-Hack-DA v.1.0
 tsPatch v.1.0 <---JaPon では必要ないがNNsi の設定で
  「 tsPatch を使わない」を選択する為には tsPatch をインストする必要がある
 Wdic v.1.3.34b
   WdicDA v.1.0.12b
 WiFiLib_enUS.prc update <---palmOne
 大富豪(?)辞書

4. いろいろ設定&起動チェック
 JaPon で日本語化
 Connection 設定
 Network 設定
 Wi-Fi で AirMac と接続確認
 Bluetooth Trusted Devies 登録(C413S, eMac, T|T3)
 POPJ 設定、受信
 NNsi 設定、受信
 PEM 起動確認(以前、問題があったので)
 ScreenShot、ClipPRO 登録
 などなど
5. Backup 実行 
 本体 352ファイルーーー>Backup フォルダ 343ファイル
 JaPon は On のまま
6. HDD をファーマットしないハードリセット 実行
7. Restore 実行
 例によってアラートがでる
 1. AirSAM_enUS
 2. AirSAMPrv_enUS
 3. Blazer
 4. HTTP Lib
 5. NetFront Lib
  3.〜5. は昨日までに確認さえれているが、今回は新たに1. & 2. が加わった
 本体 350 ファイル
8. 昨日までの結果から3.〜5. を McFile で本体にコピー(1. & 2. はそのまま)
9. チェック
 JaPon の日本語化状態で起動。レジストされている。
 Bluetooth、Connection、Network 設定 OK
 POPJ 設定 OK
 NNsi 設定 OK
 PEM も起動できた!!
 WiFi Lib も Update 状態 v.1.06 と v.1.05 を確認

すべてのアプリを確かめてはいないが、おおむね大丈夫そう。
ただ、日本語名のデータベースが含まれている時、Restore 時に
LifeDrive を日本語化しておかなければいけないか?は試していない。

| | コメント (0)

休足週間終了

先週の土曜日に足痛が再発していらい、休足 していた。
歩いている分には、左膝の痛みはなくなった。
右足は、足首を外側に曲げるとまだ痛む。
今日振替えのテニスに行ってきたが、まずまず動けたので、
休足週間は終わりにしよう。
いきなり通勤ランはきついので、明日は自転車出勤してみるつもり。

| | コメント (0)

T-Pilot さんの TapPop の味見

お世話になっている T-Pilot さんに作っていただきました。
T-Pilot BBS の「ケーススタディ派生品 まだ何も無し」スレッドを参照。

TapPop!!

どんなアプリか? 名前そのものです(。_゜)☆\バキ
タップ&ホールドするとポップアップメニューが表示され、
 1. FEP コントロール(日/英、あ/ア、変換)
 2. Edit 機能(Copy、Cut、Paste)
 3. DAラウンチ(3つまで登録、more ですべてのDA 一覧)
が可能となます。
アプリ本体は、SDカード上あるいは Internal HDD に置いておくことが可能で、とっても小さなサイズです。
5-WayNavi にも対応しているので、揺れている電車の中でも便利に使えそうですヽ(^O^)ノ

起動画面

tappop-00DA の登録、あとは、ON するだけ。ソフトリセット後は、もう一度 ON にする必要あり(DA の登録は保存されます)。


どんな動作をするのか、画像で紹介!

1. FEP コントロール
tappop-0画像をクリックして下さい。動画が表示されます。
PoBox が ON の状態では(日/英)だけが表示されます。あとは、タップするだけで 日/英 の入力が切替ります。
ATOK などを使っている時は(日/英、あ/ア、変換)が表示されます。tappop-7


2. Edit 機能
tappop-01画像をクリックして下さい。動画が表示されます。
Paste が可能になるのは、他にないのでは?
Clips と組み合わせるとさらに便利。



3. DAラウンチ
tappop-02画像をクリックして下さい。動画が表示されます。
よく使うDA を3つまで登録可能。
テキストを選択すると、ポップアップメニューが表示されるので、DA->FullHalf で半角/全角の置き換えが可能。PsLink のタグを付けることも。tappop-5

more をタップすれば、DA ラウンチャーとしても機能。


TextMenu との単純な比較はコメントに追加しました。
TextMenu の紹介ページは旧小部屋

| | コメント (10)

2005.06.23

LifeDrive その5のその後(^^ゞ

BackupBuddyVFS Personal で Backup <- >Restore ができるか、まだやってます。
一人で深みにはまっているだけかも(゜゜)\バキ

Backup されないファイルは昨日の報告したので、Restore されないファイル
について、探した。
本体ーBackupフォルダーRestore 後のファイル数を頭文字で整理
その結果、N がひとつ少ないので、NetFront Lib が Restore されないことが
分かったが、こいつを戻しても Files は起動しなかった(昨日の結果)。
新たに、H がひとつ少なく、HTTP Lib が Restore されていなかった。
また B は2つ多いのだが、BackupBuddy のファイルが3つできているので
結果としてひとつ少ないことになる。 Blazer が Restore されていなかった。
で、Blazer を McFile 等で本体にコピーしてやると、Files が起動できるように
なった。
よくよく考えると、これらのファイルは、Restore時に Out of Memory の
アラートを発生するファイルであった。
最初から気がつけば、たわいもないことだったみたい。

ということで、BackupBuddyVFS Personal で Backup <- >Restore ができる
ことがようやく分かった。
あくまで、必要最小限の環境での状況。

これより先に、少しばかりアプリを入れて Backup<->Restore を試して
みたことがある。その時は PEM-J が起動しなくなってしまった。
最小限の環境が Restore できることが分かったので、安心して
いろいろ試せそう。

| | コメント (0)

2005.06.22

LifeDrive その5

HDDをフォーマットしないハードリセット」が可能になったので、
BackupBuddyVFS Personal で Backup <- >Restore ができるか試してみた。
1. ハードリセット(素の状態で確認したいので)
2. PalmDesktop と HotSync して ID ゲット
 試しに、Network、Connection など設定
  ScreenShot、POPJ などインストして、レジストキー入力
  POPJ の設定
3. HDD の/Application/BackupBuddy を起動
3. バックアップ完了(HDD/Palm/Backup/ にバックアップされる)
4. ハードリセット(当然だが、HDD データは消さない方法で)
5. Restore 開始(Blazer Database でメモリー不足と言われるが無視)
6. 完了(リセットを要求されるので、OK)
7. 無事起動
  Network、Connection 設定
  ScreenShot、POPJ 設定 OK
大丈夫そう。
ところが、 Files、Media を起動させると、リセット食らう。
Missing large icon とうのが原因らしい。

で、再びハードリセットして、今度は HotSync もせずそのまま
Backup そして、ハードリセットして Restore。
これでも Files, Media を起動するとリセット。同じ原因のよう。

Backup が不完全なのか、Restore が不完全なのかよく分からない。
Backup 時、本体RAM148ファイル->HDD141ファイル
T|T3 の場合もそうだったが、
AddressDB, DatebookDB, MemoDB, ToDoDB は Backupされない。
あと、PIM〜〜というファイルと、McFile のコピー2つがバックアップ
されていなかった(McFile は関係ないだろうし、PIM〜〜も無さそう)。

Restore時、 HDD141-> 本体RAM 149ファイル
 Nで始まるファイルが一つ少ない。
 NetFrontLib がない!! これか(^.^)
  戻してソフトリセットしたが、だめ(;_;)
お手上げ。
 

| | コメント (0)

LifeDrive その4

taichi さんが、「HDDをフォーマットしないハードリセット方法」を紹介されています。
ありがとうございます。
これで、SDカードを買わなくてすみます(゜゜)\バキ

早速、検証。
1. Hard reset: 電源ボタンを右にスライドさせた状態でリセットボタンを押す
2. Quick Erase か Secure Erase か選択する画面が表示されるので下ボタン押す
ldhr-1

3. Secure Erase のプログレスバーが表示されるまで10秒あるので、その間に
 再度リセットボタンを押す
ldhr-2


操作3で、リセットボタンを押すタイミングを1秒後、5秒後、10秒後でそれぞれ3回
行ったが、すべてOK だった。
また、15秒後、既にプログレスバーが表示されていたが、HDD のデータは無事だった。


Hard reset 時の注意
ご存知の方が多いと思うが、
LifeDrive mobile manager の User Guide Chapter 30に書いてあるように、
パスワードを設定していると、 Hard reset 時 上記2.の画面が表示されず
Secure Erase が開始する。このとき、上記3. の操作は無効となり、HDD の
データは完全に消去される。
(これを試すのに、30分待ちました(゜゜)\バキ)

HDD のデータを消去したくない場合、パスワード設定はしないこと!
肝に銘じておきます。

| | コメント (2)

2005.06.19

ミカン の素顔

しまなみ海道100kmウルトラ遠足 の完走証とゴールの写真が送られてきた。

ただの50近いおやじ であることが、分かってしまう????が
あまりの嬉しさ&ビールで酔っぱらっているので、
しまなみ完走記 に画像をアップしてしまった。

酔いが醒めたら、削除されているかもしれない。
見るなら今のうち(^-^;;;

| | コメント (2)

2005.06.18

ぶり返し

神戸空港マラソン後、足の調子が戻ったので、3日ほど
ジョグはしていた。足はOK。
で、久しぶりに、通勤ラン(18km)をしてみた。
6時過ぎに家を出て、10kmほど気持ち良く走れた。
汗も結構かくので、給水しながらのジョグである。
14〜15kmくらいから、足の調子がおかしくなってきた。
左は膝が、右は例の足の裏が痛み出してきた。
様子をみながらジョグっていたが、ついに残り1km から
歩きが入ってしまった。
一応、アイシングして様子をみることに。

夕方、不安を抱えたまま帰宅ラン。
なんとか行けそうだ。
しかし、5km ともたなかった。
サイクリングロードをジョガーたちに抜かれていく。
殆ど走れず、歩くのが精一杯。しまなみを思い出した。
右足は、裏からくるぶし辺りが痛みだしてきた。
結局バス停まで辿り着いたとき、バスが運良く来てしまったので
乗ってしまった(2km 程)。
バスの終点から、JR に乗って、さらにバス、とう行程が残っているが
45分かけて歩き、家に辿り着いた。

完全休養しないと、足は元通りにならないのかもしれない。
走らないと体重がイッキに増加する。
食べたし、飲みたいし、走りたいし、膝と足の裏痛を治さないと。

| | コメント (0)

2005.06.14

LifeDrive その3

LifeDrive 購入の理由の一つ、音楽再生機能とデジカメ画像の取り扱いを試してみた。

音楽再生

ldmusic-01LifeDrive を Drive Mode でマウントし、iTunes で管理している Music ファイルの中で mp3 のものをフォルダごと Drag&Drop。
ディレクトリはどこでもいいみたいだが Music フォルダに入れた。
画像は LifeDrive の Files で表示したもの。


ldmusic-02DriveMode 解除してLifeDrive の pTunes を起動。
左端のアイコンタップでMusicファイルを選択できる。好きな楽曲だけ再生可能。
耳にの感性がいまいちなので、音質については言及できないが、車でも十分聴けるので、一応、iPod の代りにはなる。
ただ、イヤホーンジャックの差し込みが、カチッといかないのと、本体の下にあるので、逆さまにしないとカップホルダーに立たせることができない。


ldmac-01もともと Mac 本体にある音楽ファイルなので、ハードリセットのときの Internal HD データの消去に備えたバックアップは必要ないが、HotSync すると、Internal HD Backup フォルダ(青色)にバックアップされる(オレンジ色)。
ただし日本語が化け化け。対処方法があるのか模索中。

デジカメ画像

ldcamera-01ldcamera-02


デジカメのSD カードを LifeDrive に挿入すると、Internal HD にコピーできる。
いわゆるストレージ。
ただ、ハードリセットすると消去されてしまうので、一時的なストレージ。
音楽フィルと同様 HotSync で Internal HD Backup フォルダ(上画面の青色)に
バックアップされる(DCIMフォルダ、上画面の緑色)。
ハードリセットさえなければ、旅行中に1枚のSD カードを使い回すことは
可能だろう。
また、DriveMode で Mac にマウントすると、iPhoto が起動してライブラリ
に簡単に追加できるのが、ありがたい。

運悪くハードリセットしたしまった場合、HotSync で Backup フォルダ
だけではなく Internal HD Backup フォルダ内のファイルも LifeDrive
にインストされる。
その場合、音楽ファイルの日本語が化けているので、LifeDrive で再生できない。
しかたなく入れ替えるしか方法がないが、なんとかならないものか?

| | コメント (0)

2005.06.13

LifeDrive その2

まず、LifeDrive 購入の理由の一つ、Wi-Fi でネットサーフィンをしてみた。
AirBaseStation の設定は、「IP アドレスを割り当てる」
Wi-Fi を起動するとAirBaseStation のシグナルを拾い、IP アドレスが割り当てられて
ネットに繋がった。

T-Pilot さんの最新 JaPon v.1.0i のお陰で LifeDrive の 「Web」でも UTF-8 なサイト
以外は文字化けしないで閲覧できそう。
残念ながら、このココログは UTF-8 なサイトなのでどうにもならない。
試しに EUC なページのはてなのミカンメモにアクセス。
ただし、Web の Font 設定で Small にすると、全て文字化け。
これを解消するにはT-Pilot さんの FontShift か、TS-Font-Hack-DA を
利用する。
Font Shift は large 設定を強制的に Small 表示に、TS-Font-Hack-DA は Small 設定
での文字化け解消してくれる。

ld-08TS-Font-Hack-DAを使って、皆さんがよくご存知の
hana さんのサイトをマネして、ぬりかべ魔人さんのサイトを閲覧してみた。


と、こんな感じで JaPon でも Small Font 表示が可能。

| | コメント (2)

LifeDrive その1

6/4に届いてから、ようやく充電できた。かかり過ぎ(゜゜)\バキ
既にいろいろなサイトで報告されているので、新しいことはほとんどないが、
いつものようにメモしておく。

第一印象
ld-1ld-2

音楽&画像というと、iPod。あえて iPod と比較して、「でかすぎ」 とは言わないが、
iPod位の大きさになって欲しい。Apple が作ったらどんなものができるか見てみたい。
しかし、裏面の左右の面取のため、想像していたよりも手に持った感じはいいし、
重さも許容範囲。ただ、ポケットには入れられない。

Palm Desktop のインストール
 母艦をどうするか? とりあえず、外付けHDD に Tiger をインストして、
 起動ドライブとして使うことに。
 基本的には5/14のTiger と T|T3 の同期環境と同じ。
 付属の Palm Desktop をインストして、日本語化。


ld-03  ld-04

 ちょっと違うところは、Coundits(左画像)と Palm フォルダ内(右画像)
 既にiSync2.0&iPamMemo を使用できる環境にしているので、
 iSync Disabled Coundits フォルダに iSync2.0 で自動的に移動するもの(黄色)と
 iPalmMemo のために移動させたもの(紫色)が入っている。

 注目は、Coundits フォルダ内に LifeDrive Backup Coundit(青色)が
 存在すること。
 Palm フォルダ内には、Internal Hard Drive Backup フォルダが存在し、同期の
 度に、バックアップされる。
 また、 Files to Install フォルダ内には SDの他、LifeDrive (青色)フォルダもあり、
 お好きなところにインストが可能。

LifeDrive の日本語化
 T-Pilot さんの最新版 Japon v.1.0i をインスト。
 インスト方法はいろいろあるが、SD カードがないのでお初もの DriveMode を
 試してみた。
 ld-05
 DriveModeを On にすると LifeDrive HDが Mac にマウントされる。で、そこに drag&drop。あとは、McFile あるいは FileZ で、LifeDrive HD から本体にコピー。
 もちろん、Palm Desktop 経由でインストしてもよい。

 T|T3 の MemosDB-PMem をBluetooth(でなくてもいいのだが)で LifeDrive に送信。
 日本語表示されるのを確認。


Palm Desktop と同期
 一応、 Palm で上書きに設定して、HotSync 開始。
 LifeDrive HD のデータが多くなると、LifeDrive の同期に時間がかかる。
 Coundit 設定で「同期さいない」に設定しておくのもいいかも。
 ただし、ハードリセットで LifeDrive HD のデータも消去されるので、注意。
 Memos のデータが Palm Desktop で日本語表示されるのを確認。
 
 また、iPalmMemo を起動し、ユーザを指定すると、メモ内容が表示される。
 iPalmMemo も英語版仕様に変更する必要あり。
 iPalmMemo をメモ管理に使う場合、不要 Coundits を移動させる必要あり
 (上右画像)。

iSync との同期
 予定表、ToDo、アドレス は、iCal &アドレスブックで管理している。
 iSync2.0 のデバイスメニューから「Palm の同期を有効にする」を実行。
 T|T3 の時はこれがわからず、Coundit を探した。
 ちなみに、ネットにある前バージョンの Coundit は使えない。
 有効にすると、 不要な Coundits が自動的に disabled される(上右画像)。
 
 一度に .Mac<->外付けHDD Tiger <->LifeDrive の同期をすると、
 何が起こるか分からないので、まずは、.Mac<->外付けHDD Tiger で
 同期した。
 ところが、操作ミスして.Mac データを上書きしてしまい、データ消失。
 なんとか、eMac から復旧して、外付けHDD Tiger にも iCal、アドレスブック
 のデータが入った。
 念のため、,Mac との同期をオフにして、LifeDrive のHotSync ボタンで
 同期(Tiger から HotSync ボタンからの同期では .Mac との同期は開始しない)。
 最初の同期なので、「統合」を選択。

 LifeDrive に iCal の予定、ToDo、アドレスブックの Address が同期された。

| | コメント (0)

「神戸空港マラソン」完走記

kobe1


スタートゲートは、遠いな〜。


5;30 起床 朝食にあんパンと牛乳。
6:30 最寄り駅まで自転車で。
 JR、阪急乗継ぎで三宮。ポートライナーの切符売り場に長い行列。
 ポートライナーは便数が多いのか、券売機の混雑とは裏腹に、座れる。
8:30  造成地に設営された受付テントで受付完了。
 殺風景で、前日の雨のため足場が悪し。
 工事中の道路脇に場所を確保し、着替え。
 パンツを脱ぎかけたとき、タオルが外れる。やばかった(^-^;;;
 「しまなみ」以来、足の調子が悪く、ほとんど走っていない。
 だいぶ良くなってきたが、無理はできない感じである。
 軽く、ウォーミングアップ。
9:30 集合地点に移動。
 スタートは背番号順。なんと、一番最後のブロックからのスタートとなる。
 スタートゲートは、遠くにかすんで良く見えない。
10:00 スタート
 アナウンスは「スタート10秒前」までで、いつスタートしたか分からない。
 最悪な運営。人が多過ぎる。
 スタートロスは3分02秒!
 その後もぞろぞろ、だらだら、の長い行列。
 今日は、足の調子もあるし、FunRun と思っていたが、
 いざスタートゲートを越えると、気持ちが抑えきれず、
 右や左にコース変更して抜いていく。
 1km過ぎに「空港大橋」のきつい登りが現れる。
 まだ元気なので、登りもそのままの勢いで登って行く。
 風もなく、かなり蒸し暑い。
 「空港大橋」を渡りきると空港に上陸。シャワーが用意されている。
 直に最初の2.5km 地点の給水所が突然現れる。
 給水失敗(^-^;;;
 滑走路が見え出したので、コースを外れ、デジカメでパチリ。
 何ヶ所かで撮影したためどんどん抜かれる。
 広過ぎて、実感がない。国道のセンターライン上を走る方が
 わくわくする。応援もあるし。
 暑い、暑い、照返しが暑い。
 給水所が待ち遠しい。
 ようやく、7km にある給水所で給水。生き返った。
 この先から「空港大橋」の登りが始まる。
 きつい。練習不足。「しまなみ」なら、完全に歩きになる傾斜。
 なんとか登りきり、下って9km地点。後は平坦な未舗装道1km。
 いつもなら、ラストスパートのはずが、スピードは上がらず。
 ゴール。
 走り終わると、足が痛み出してきた。
 次は1ヶ月先のハーフなので、ゆっくり、休もう。
    lap
1km 4:58:86 <---渋滞のわりにはまずまずのタイム
2km 4:50:62 <---空港大橋の登りも、それなりに
3km 4:55:80 <---写真撮影
4km 4:59:57 <---写真撮影
5km 3:47:19 <----距離表示ミスだろう
6km 4:51:24
7km 4:45:35
8km 5:12:40 <---空港大橋の登りで失速
9km 4:55:72 <---下りもタイム延びず
10km 4:37:19
自己計測ネット 47:51:54

参加賞は、他では被れない帽子と水(山梨採水?)。
開港前の空港を走れる というだけの大会だった。
kobe2


   

| | コメント (5)

2005.06.09

しまなみ後のジョグ

日が変わる前にジョグってみた。
しまなみ後の足の具合は、
日曜日:しまなみ翌日。当日の夜中よりましだが、ぼろぼろ。ジョグ休み
月曜日:階段を降りるのがきついが思ったより回復。仕事仲間が気がつかない。
    ジョグ休み。
火曜日:膝痛なし。ただし、歩くと右足裏の外側が痛い。ジョグ休み。
水曜日:右足裏の痛みもなく、普通に歩けるようになったので
    ジョグしてみることに。
5kmくらいまでは、いい感じで足が出ていたが、
しだいに接地するとき右足裏が痛くなりだす。
痛みが足首の外側から上方に延びてきたのでジョグをやめ、
歩くことにした。しかし、歩いても痛い。湿布して、様子をみる。

O-脚なので、ジョグ時足の外側から接地する。
しまなみで履いたサロマの底をみると、特に右靴の外側がすり減っている。
酷使した右足裏が回復していないのだろう。
今度の日曜日は、神戸空港を舞台に10kmの大会がある。
それまでに、足が回復できるか?

| | コメント (3)

2005.06.08

「しまなみ海道100kmウルトラ遠足」完走記

innoshima

美しい姿の 因島大橋 1270m

日中29℃を越える暑い天候の中を、
922名中672名のランナーが完走(完走率72.8%:エントリーは976名)!
その、完走記を思いつくままに。
 コメント頂いた部分は青字で補足させていただきました。
 さらなるコメントお待ちしています(^.^)
  記憶を蘇らせてくれるページ
  (蘇った部分を赤色で加筆しておきます。)
  ・ちーむぽんきちさんのしまなみ大会レポート
  ・マックス爺さんの創作のページ6/8〜6/13連載のしまなみ遥かなり

6月3日(金曜日)
出先の仕事から戻り、すぐさま家内に最寄り駅まで送ってもらい出発。
新幹線の中で手作り弁当を食す。実に美味い。
20:54 福山駅に到着。同じ新幹線からはそれらしき人たちが
ぞろぞろ降りてきた。
まずは、受付会場の下見。既に本日の受付が終了しているのでシ〜ンと
静まり返っていたが、しまなみ関係の荷物が置かれているのを見て、
いよいよ明日だ! とちょっと興奮。
隣のダイエーに寄り、アロエヨーグルトとお茶を買って宿へ向かう。
10分程で到着。

チェックイン時、「明日はお早いんですね」と、先に言われた。
この宿にも多くのランナーが宿泊しているようだ。
部屋に着いて、まず中間点行き荷物とゴール行き荷物の整理しようと
鞄を開けたら、独特の香りがした。
持ってきたバナナが潰れた。大会前に食べる大福も(^^ゞ
福山で購入できるのに、わざわざ持ってきた。

走行中の支度
 T-シャツ(ユニクロ)、短パン(ナイキ)、帽子(ナイキ)、ひざかんたん
 5本指ソックス(アシックス)
 タオル1枚 (ウエストバッグのベルトに下げる)
 UMMLのバンダナ(後頭部保護)
 ウエストバッグ(小さ過ぎで入るものだけ。 LSD バッグは疲れる?)
  ペットボトル180ml(非常用:コンビニで買えばよいので要らないかも)
  デジカメ
  カットバン、アミノバイタル錠剤、胃薬錠剤
  お金、クレジットカード、保険証写し
  ボールペン、地図(縮小したやつにペース配分を添付)
    漠然としたペース配分を Excel で表にして貼り付けた
    パターン1--15時間30分
     前半 5km を 40min (7.5min/km+エイド2.5min)
     中間点 30min 休憩
     後半 5km を 50min(9.5min/km+エイド2.5min)
    パターン2--14時間37分
     前半 5km を 38min (7.0min/km+エイド3min)
     中間点 30min 休憩
     後半 5km を 48min(9.0min/km+エイド3min)    
  参加者メモ(UMMLer、おばさんランナーさんの掲示板に集う人たち)
中間点荷物
 携帯(電源オフ)
 iPod Shuffle(後半の頑張り用)
 懐中電灯(暗くなって見えないといけないので)
 靴下替え(5本指。ランナーズ)
 T-シャツ替え(高槻シティハーフ参加賞:野口みずきサイン入り)
 短パン替え(ミズノ)
 サポータパンツ
 眼鏡
 サロメチール、スプレー、胃薬、アミノバイタル(錠剤&ゲル)
ゴール送り荷物
 行き帰りの服、下着
 ウィンドブレーカー(ユニクロ)
 ロングパンツ(天候がいいので使用せず)
 T|T3&電源 携帯電源

風呂に入って、黒パンとアロエヨーグルトを食べ、明日に備えて目覚ましを3つ
セットして22:30 就寝。

6月4日(土曜日)
03:00 起床
 眠気覚ましに朝風呂入って、朝食にバナナ2、大福2、パン2、
 アロエヨーグルト、グレープフルーツジュース200ml をお腹の中に。
 ちょっと食べ過ぎ。
 いつもなら、トイレも済ませるはずが、緊張か、気配がなし。
 着替えて、ひざかんたん を装着して、03:45 受付に向かった。

受付会場のホテルロビーは、下見の時とは打って変って、大勢のランナーで
あふれていた。この独特な大会の雰囲気は大好き!
受付を済ませ、ナンバーを付けて、荷物を預け、スタート地点の福山城に向かう。

fukuyama

思い思いの準備体操をしているランナーや、久しぶりに会えた仲間と談笑して
いるランナーさんたちでいっぱいだ。
メモを片手に一周したが、大勢のランナーからおばんさんランナーさんたちを
探し出すのは無理だった。ちょっと残念。

諸注意があり、可動式スタートゲートをバックに記念撮影。
いよいよスタート。
カウントダウンが始まり、5:00丁度、ランナーの「ワォー」というどよめきと
ともに100kmマラソンの長い長い1日が始まった。

0〜20km:プロローグ
00-05km 40:43:80(488.8sec/km)0:40:43
05-10km 33:10:44(398.1sec/km)1:13:54
10-15km 31:03:47(372.7sec/km)1:44:57
15-20km 43:15:79(519.2sec/km)2:28:13

人捜しで準備体操するのを忘れていた。長旅なので、ゆっくり足を進める。

最初の 5km 地点を40分台のまずまずのペースで通過。
だけど、お腹が重たい。
この辺りで前方に楽天イーグルスのT-シャツ&帽子のい〜ぐるすさんを発見。
ナンバーをメモで確認して、ご挨拶、と思ったら、5.3km 最初のエイドに到着。水分補給。
挨拶する機会を逸して、エイドを離れてから、と思ったら、い〜ぐるすさん
がス〜〜〜とコースを離れて....。

効果があるのか疑問だが、トンネル内はタオルを鼻と口に巻いて走った。
そして、10km 地点通過 33分台にペースが上がる。距離が正しいのか?
正しいとするとちょっとペースが上がりすぎか? でも苦しくないので
このままのペースを維持。
10.3km No.2 エイドに到着。コースを離れ小用を済ます。
と、前方にい〜ぐるすさん発見。
今度は挨拶して、「エイドでお会いしましょうと!」と、
先に行かせてもらった。

15km地点通過。6min/km を少し回るペース。
15.2km No.3 エイドでは、何か食べたような....。
サンタさんに会えたのもここだったかな?
ボランティアの子供たちが、サンタさんからプレゼントをもらって
大喜びしていた。「来年もまたきてね〜〜」

お腹が張ってきたので、コンビニのトイレに急行。
トイレ前に並んでいるランナーと会話。「暑いですね〜」
まもなく、女性のランナーが私の後ろ並ぶ。
用を済ませたランナーが出て行く。
前のランナーが入る。
さあ〜、次だ。でも、女性がソワソワ落ち着かない様子。
用を済ませたランナーが出て行く。
「お先にどうぞ」と言っている自分がいた。
「ありがとうございます。直ぐ済ますから。」
「ごゆっくり(^^ゞ」
ウィンドーの外を見ると多くのランナーが走り抜けていた。
結局、自分はガスのみ(゜゜)\バキ

先が長いし焦らずにペースを維持。
遠くにドッグが見えてきた。いよいよ尾道水道。潮の香りもしてきた。
20km地点通過
onomiti

前方に尾道大橋が目に入る。
よく見ると多くのランナーが渡っているのが分かる。
さ〜、最初の橋へのアプローチだ。

20〜49.9km:しまなみ海道突入
20-25km 31:06:68(373.3sec/km)2:59:20
25-30km 35:04:26(420.9sec/km)3:34:24
30-35km 29:01:52(348.3sec/km)4:03:25
35-40km 40:29:66(485.9sec/km)4:43:55
40-45km 41:24:55(496.9sec/km)5:25:20
45-49.9km 29:53:36(366.0sec/km)5:55:13
    休憩 28:39:72        6:23:53

道を渡り、だらだら坂を上っていく。当然、歩き。狭いガードレール
脇を進み、階段を上がると尾道大橋である。歩道は狭く列を作って渡りきる。

onomiti2

向島に入り、24.8km No.5 エイドを過ぎ、25km地点通過。
さらに走り、海岸線に近づくと、かなり遠くに因島大橋が見えてくる。
橋をバックにしたビューポイント29.3km No.6 エイドに到着。

no

ここで、頭から冷水をかけてもらい、生き返った。
足にスプレー、食べ物で元気回復。
日よけにUMMLバンダナを頭にセット。

近くに見えた因島大橋も、なかなか近づいてくれない。しかも、ずいぶん高い。
ようやく近づいたと思ったら、長い長い階段が待ちかまえていた。
のんびり上がり、頂上で地図を広げて、初めて現在地を確認。
横にいたおじさんランナーと一緒に、「先は長いですね〜」とハモる。

innoshima

歩行者専用道を渡りきると、因島に入り一般道に下りる。
下りが膝にボディーブローのように響く。

35km 因島・アメニティー交流館が見えてきた。
9時過ぎに到着。
名物の搾りたてのオレンジジュースを頂く。美味い!美味い!

no

咽の爽やかさとは裏腹に、お腹が張っている&たぽたぽ。
トイレに行って相変わらず出ず。
おまけに、ウェストバックに入れてたはずの地図&ペース配分メモがない。
1回しか見ないうちに落としてしまったみたい。
ちょっとショック。
そんなこんなで、しんどくなってきたのでしょう!
ここからの風景が思い出せない(^^ゞ
早送りで....

突然、生口橋が見えてきた!美しい橋だ。でも遠い(゜゜)\バキ

ikuchi

橋上は風が強く、身体が横に流されそう。
確か、橋を渡り切るところにカメラマンがいたような記憶(間違っているかも)

OKあってます。いましたいました。
ゴール後にここで写していただいた写真を購入しました。
それと、因島大橋への階段にもいましたね。

5時間25分で45km地点通過。40-45km でペースが落ちてきているので、
4.9km先の中間点に6時間前にたどり着けそうもない。
パターン2よりも速いペースなので、6時間前に着く必要もないのだが、
切りがいいので、着きたい衝動に駆られる。

46.5km No.9 エイドで、水分補給のみして中間点に向かう。
私より年配(後で確認したら18才程)のナンバー410さんに追いつき、並走。
辛さを紛らわせようと、声を掛けさせてもらった。
若かりしころはサブ10の実力者だったそうだ。
5年前のしまなみの様子を聞かせてもらった。
私が「フル完走できたんで、しまなみ 申し込んでしまいました」
と話したら、
「それで、いい。まだ早いとか、これをしてからとか考えなくていい。
どんどん挑戦しなさい。」と檄を飛ばしてくれた。
初めて走りながら会話をした。すごく走るのが楽しくて、気がつくと
中間点が目前に迫っていた。
410さんに
「どうもありがとうございました。お陰でペースを落さずに走れました」
とお礼を言うと
「ゆっくり、走るのもいいもんだよ」と。
でも、私は、必死でした(^^ゞ

中間点到着 5:55:13(6時間を切れました!)

no

荷物を受取り、トレーナーのマッサージを受け、食べ物を補充した。
トレーナーさんからは「70.8kmで待ってます」の温かいエールをもらう。
がぜん元気が出てきた。
荷物から携帯を取り出し、電源ON。娘からのメールを何度も読み返す。
家内からも届いていた。
声も聞きたくてコールした。
娘宛てにメールの返信をして電源OFF。
帰宅してからの娘の報告
「ママが、返事くれなかったって、すねてたよ」だって。
マメは、サロマと5本指ソックスとワセリンのお陰でいまのところできていない。替えなくてもよかったが、ソックス(ランナーズ)を履き替える。
ただ、アシックスのソックスの方が滑らず走り易かった。
そうこうしていると休息予定時間の30分になろうとしている。
再び荷物を預けて、後半50.1kmのスターを切る。

49.9〜60km:未知との遭遇
49.9-50km 00:36:93(369.3sec/km)6:24:30
50-55km 34:31:28(414.3sec/km)6:59:01
55-60km 36:14:14(434.8sec/km)7:35:15

ここからの記憶があまりない。
中間点をでて暫く行くと坂があったような。そこでい〜ぐるすさんたちを発見
したような記憶がある。

そのころ、い〜ぐるすさんはマメの手当てをされていたようだ。
どこだったんだろう?
い〜ぐるすさんと「せんせ」の後について走っていたのは?

no

サンセットビーチの55.9km No.11 エイドからは遠くに美しい多田羅大橋を
望むことができる。なんと、遠いことか。
多田羅大橋を元気に渡りたいけど、次のNo.12エイドは橋の向こう側。
で、60km に UMML の私設エイド設営されていました。
カルピスをお代わりさせてもらい、元気回復。

とにかく、60km までは前半と同じくらいか速いペースを維持できていた。
今から思うと、意識してペースを落とせばよかったかもしれない、と反省。

60〜80km:歩け歩け
60-65km 47:36:55(571.3sec/km)8:22:52
65-70km 42:31:41(510.3sec/km)9:05:23
70-75km 46:43:96(560.8sec/km)9:52:07
75-80km 44:17:77(531.6sec/km)10:36:25

tatara


70kmまでは、歩かず(坂や階段は歩いていますが)ジョグろうと
していたが、多田羅大橋を渡りきった後から、歩きが入り出した。
多田羅大橋の横風が体力を消耗させたのかもしれない。
ヘリコプターが置いてあったのはこの辺りでしょうか?

はい、海上自衛隊のヘリがあったのはここです。
旧式ヘリなので型は分らないですが...
それと、写真を撮られたような記憶もありますが?
はい、ここでもありました。写真も買いました。
62.1km No.12エイドでは、おしぼりをもらったような記憶。
手向きの甘夏をご馳走になったような記憶もあります。
そうだったのか?確証なし。
そうです、記憶あってます。坂を下りたところで、おばさんが、
エイドまでの30m位をピストンしてランナーに渡したタオルを
回収しては、また、ランナーに氷水で冷やし渡していました。
ほんと、ありがたかったですね。
ここから先がつらいロードになったという記憶しかない。
多分、前方ではなく、下を向いて歩く時間が長くなったからかもしれない。

気がつくと前方に大三島橋。

oomisima

渡りきると、66.7km No.13エイド。
ボラティアの小学生の女の子に、冷たいタオルをもらう。
「ありがとう」と思わず握手してしまった。
ここでは伯方島名物の塩羊羹をいただく。
「もう一切れどうですか?」と、優しい言葉をかけてくれる。
大変美味しかった。
「次のエイドにはそうめんがありますよ」とも教えてくれた。
3.1km先の 70.8km No. 14エイドに急ぐ。
いくぶんペースを回復して、ジョグってエイドに到着。
ナンバーと名前を呼ばれるのが、嬉しい(^.^)

そうめんをお代わりし、塩羊羹も頂いた。
トレーナーさんにマッサージをしてもらうと、
「ふくらはぎは余力を残していますね」と元気が出る
エールをもらう。
「あとは、使い方しだい。膝がきつい時は後ろ向きに階段を
 下りるといいよ。だけど、転んでも知らんよ」とも。
土踏まずにスプレーする技も教えてもらった。

エイドを離れて、相変わらず、歩き&ジョグでゴールを目指すが、
伯方大島大橋の写真を撮り忘れた、というか、渡った記憶がない。

ちーむぽんきちさんのしまなみ大会レポートを読み、記憶が蘇りました。

長い橋を渡っていると、前から来た自転車隊と擦れ違ってエールを送られた記憶。
橋から一般道に下りるとき、バイク道を数人のランナーが下りているのを見て、5〜6人位で歩道とバイク道のどちらを進むか迷っていた。結局、歩道を下りた。下りると前方に海が見え、海岸線を走って行くと砂利道ぽいところを走った。その手前の草むらで小用を済ませた。
No.15 エイドは十字路の左側にあり、コースは右に曲がる感じだったような。
ここから先が不明

80km地点到達 10時間36分 残り20kmを5時間。
普通に歩く速度で時間内にゴールできる と、少し安堵。

80〜95km:つッ、ついに、四国上陸!
80-85km 54:48:11(657.6sec/km)11:31:13
85-92.6km 71:34(565.0sec/km)12:42:47
92.6-95km 25:18:82(632.8sec/km)13:08:06

安堵した所為でもないが、11分/km までペースが落ちる。
足が動かない。膝はひざかんたんのお陰で大丈夫そうだが、
股関節が痛く、モモの後ろが張ってつりそうになる。
81.4km No.14エイドのバラ園では、バラを楽しむ余裕もなく
くるっと回ってコースに戻る。
ここで給水しなかったのがいけなかった。
非常用のウェストバックの180mL のポカリを飲み干しても、次のエイド
まではかなり距離がある。

くねくねの海岸線を進むと、85km地点の標識を発見。ようやく通過。 
すると、長々と横たわる来島海峡大橋が前方に見え出す。
橋の先が四国、今治だ!!

kurusima1

歩いていると一瞬、道路がゆがむ。老眼鏡かけてるわけでもないし、やばいか?
ちょうど自販機があったので、ジュースを購入。
1/3程を口にして、残りは180mL のポカリの容器に移して水気を確保して、
次のエイドまで、つなぐ。

来島海峡大橋の取り付きにある 88.2km No.17エイドで水分を十分に補給。
ポカリの容器も満タンにして、橋に上がる長いスロープを歩く。


kurusima2

橋上に着くと、まっすぐ延びる歩道に、ランナーの姿が小さく見え隠れしている。急に元気がでてきた。一人は寂しい。追いつきたい。
歩きから、ジョグに変わった。

90km地点までジョグしようと頑張った。
そろそろ90km地点を通過するだろ、という時間走っても、90kmの標識は
見つからなかった。

来島大橋には、標識が付けられなかったそうですよ。
丁度中間あたりがそうだったらしいです。
6/3の受付会場に90kの看板がありました。
橋を渡りきった92.6km No.18エイドまで辿り着いたが、足はへろへろになって
しまった。フラフラ状態。
こんなにならんでもいいのに、と思う気持ちが沸いてきた。
それとは裏腹に、残り7.4km、10min/km だと 74min 後にゴールに辿り着ける。14時間を切れるか? とぼんやりと思う。

エイドを早々に出発したが、歩きだけで前に進む状態なので 95km地点が
なかなかやってこない。
橋上では歩いていたランナーを抜いたが、今はそのランナーに抜かれ、
小さくなる後ろ姿を見送っている。きっと、皆セーブしていたんだろうな。
前にランナーがいなくなると、コースが間違っていないか不安になる。
下を向いているときに、標識を見落としてるとか。

95km地点通過 残り51分で5km。10min/km でいければ14時間をきれるが、今のペースが10.5min/km をオーバーしているので、無理か。

95-100km:エピローグ

初ウルトラで16時間の制限時間内に完走できることを目標にしていたのだから、このままでも万万歳のゴールになるだろうが、後半の後半はへろへろで楽しめず、ちょっと元気になったからといって調子にのり、後のことを考えずに走り、歩いてゴール。 てなことだと、すっきりできない。
ゴール後も、「本当に走れなかったのか?」と、自問自答するだろう。

1分1秒でもゴールに近づきたい一心から最終の96.9km No.19エイドは通過。

長く走れないのなら、30秒走って、30秒歩くの繰り返し作戦を実行。
道行く人が「お帰りなさ〜い」と温かくランナーを迎えてくれる。
「ありがとうございます。すみません、今治城はどこですか?」と
お礼&尋ねまくっていた。

一人のランナーが抜いて行く。そのランナーの背中を追いながら、
交差点で左に曲がるのを確認。
とにかくそこまで30秒走って、30秒歩くの繰り返し。
その交差点には、残り1kmの標識。
やった!! 後1km

そこからは、ジョグだけでお城を目指した。
交差点を右に渡り、そのまま、まっすぐ行けばお城だったが、
ふと左側の歩道を見ると標識があったので、何を血迷ったのか渡ってしまった。
すると、歩道が途切れている.。

もう一度渡って元の歩道に戻らなければ先に進めない。
こんなときになかなか信号が変わらない。
ふと歩道を見ると、い〜ぐるすさんが通過。あああ〜。
これが、刺激になってくれた。
信号が青に変わり、渡り終えると、い〜ぐるすさんの背中を目標に
走ることができた。
い〜ぐるすさんは、お城の入り口でお子様達のお出迎えを受け、
一緒にゴールに向かわれた。
その横を、先に行かさせてもらい、場内へ。
前のランナーのゴールから時間が空いていたらしく、久しぶりのランナー
の帰着に大きなアナウンスが流れた。
最後の角を左に折れると、正面には光り輝くゴールゲートが待ち受けていた。

goal1

スポットを浴びて13時間53分台でゴール。最高の一瞬。
95-100km 45:25:06(545.0sec/km)13:53:09

ただ、静止状態を撮影するのかと思って、ゴールテープ前で立ち止まったら、
「ゴールしてください」と促された(^^ゞ
変な写真になっているんだろうな〜。

 完走証とゴールの写真が送られてきました。
 まるで体操の着地のよう。と家族に笑われました。
 来年は、走り抜けるぞ!

simanami-goal

係の人にチップを外してもらい、抽選会も済ませ、エイドでお世話になった
トレーナーさんに会いに行く。
ゴール出来たことを、心の底から喜んでくれた。
肩を張って歩いていた所為だと思うが、「足より、肩凝ってますね〜」

imabari2

1時間ほど、ビール飲みながら何人かのウルトラランナーのゴール風景を眺め、
しまなみの雰囲気を楽しんでいた。

マイクロバズで今治健康ランドに連れて行ってもらい、大きなお風呂で疲れを癒した。

長い長いウルトラな1日が終わった。

と思いきや、今治健康ランドから宿のある今治駅前までの道のりが遠かった。
「15分くらいだよ」との言葉に歩き出したが、なかなか着かない。
重たい荷物を担いでいたので、何度となく休み、結局30分くらい
掛かってしまった。
おまけに、周りに食べ物やはなく、コンビニの弁当も売りきれ。
カップ麺を買って、部屋で食べた。これはこれで美味しかった。

今度こそ、長い長いウルトラな1日が終わった。

眠り着いたが1時間で目覚めた。足が動かない。
膝を立てようとしても動かない。寝返り打てない。
寝るのを諦めて、朝まで悶々としていた。
家内の勧めた「ロキソニン」を持ってくればよかった。
8:30発大阪行きのバスが待ち遠しい。

6月5日(日)
朝風呂入り、早々にチェックアウト。
バス停にいくと、ランナーたちが思い思いのバスを待っている。
隣の人は熊本から来ていると言っていた。
大阪行きにもランナーが乗り合わせ、大会談義が盛り上がっていた。
まだまだ、しまなみ が続いている。
14時過ぎに大阪駅に到着。自分の荷物を引き上げ、三々五々
雑踏に飲み込まれていく。

今度こそ、長い長いウルトラな日々が終わった。

でも、スタートかも!!
もっと楽しみたいから、来年の「しまなみ」も走るだろう(^-^)v
別のウルトラにも機会があれば出てみたい。

最後に、
初めてのウルトラだったので、不安も大きかったのですが、
無事、完走できたのは、いろいろな Web サイトでアドバイス&励ましを頂いた
お陰です。ありがとうございます。
また、素敵な大会を運営していただいた、大会関係者、エイドのボランティアの
皆様に御礼申し上げます。
来年も会いましょう!!

| | コメント (14)

2005.06.05

移動中

『しまなみ』完走できました。(^.^)昨晩は足が痛くてほとんど眠れませんでした。ただいま、いしづちライナーで大阪に戻る途中。バスの乗り降りがかなりきついです。お客さんには、そんな状態のランナーさんが大勢います。
帰宅してWeb巡回するとLifeDriveの話題で盛り上がっているんだろうなー。我が家にも昨日届いたと、49.9km中間点でのメールチェックで確認ずみ。
帰ってからまずなにをするか?
鮮明なうちに、『しまなみ完走記』をまとめよう。

| | コメント (6)

2005.06.04

しまなみ

三時起床。朝飯食べて、受付に移動中。かなり温かい。モウスグランナーの皆さんに会える。わくわく。

| | コメント (0)

2005.06.03

「しまなみ」まで、あと14時間

これから、外回り。終わりしだい荷物を取りに家に戻る。
戻る途中 UMMLバンダナを受取る予定。
急な&無理な願いを叶えていただき、ありがとうございます。
首に巻いて走らせていただきますヽ(^O^)ノ

| | コメント (2)

LifeDrive、 黒猫が運搬中!

lifedriveUPS お客様サービスセンターから、
「お問い合わせのお荷物は本日関西空港で通関が終了しました。
国内ヤマト番号はxxx-xxxx-xxxxです。」とのメール。
しかし、ヤマトの PC には未登録なので、発送は明日のようだ。

| | コメント (0)

LifeDrive Tracking

UPS Tracking
Date/Time    Location    Activity
Jun 2, 2005
 6:30 A.M.  ANCHORAGE, AK, US ARRIVAL SCAN
 4:19 A.M.  LOUISVILLE, KY, US  DEPARTURE SCAN
 1:00 A.M.  LOUISVILLE, KY, US  ARRIVAL SCAN
Jun 1, 2005
 10:54 P.M.  MEMPHIS, TN, US DEPARTURE SCAN
 9:19 P.M.  MEMPHIS, TN, US ARRIVAL SCAN
 8:40 P.M.  BARTLETT, TN, US DEPARTURE SCAN
 8:27 P.M.  BARTLETT, TN, US ORIGIN SCAN
 7:05 P.M.  US BILLING INFORMATION RECEIVED
Tracking results provided by UPS: Jun 2, 2005 12:07 P.M. Eastern Time (USA)

6/3には大阪入りしそうだ。
treo90 と Treo650 の時は空港で1日お泊まり、T|T3 の時は、その日の午後
配送された。
早ければ6/3、遅くとも6/4の「しまなみ」を走っている間に配達されるだろう。
忘れられない記念日となりそうだ。

| | コメント (2)

2005.06.02

今日のインストール

GraphicConverter 5.6.2J 日本語版 (J)
MailUnreadWidget 1.3 (J)

| | コメント (0)

LifeDrive、 発送されたみたい

Sparco.com の My account の Status が Completed に変わった。

Status: Completed
Shipping Method: International
Shipped Date: 2005-06-01 17:10:16.667097
新しいものがやって来ることには、心うきうき状態だが、
Palm 機としては、treo90 の本体サイズ、画面の大きさ、重さ、キーボードの
使い勝手を今でも最高だと思っている。
不満は、速度と液晶。これを満たしてくれる PalmOS 機がでないだろうか?

性格的に複数の Palm を使い分けることができない。まあ、同じ機能の
機種の乗換え的購入だったからかもしれない。
愛機たち
Visor Dx
 はじめての PalmOS 機。
 PalmOS機の面白さに出会えた。
 使い込んでいなかったからかもしれないが、特に不満があったわけではない。
 Platinum 購入時、嫁ぐ。
Visor Platinum
 定価が半額程度になったので、速度を求めて購入。
 ハードボタンがすり切れるくらい使い込む。
 treo90 購入時、嫁ぐ。
 Platinum 使用時、キーボードにあこがれて、SigmarionII をオークションで
 格安でゲットしたが、でかすぎ&Mac での不便さで、4ヶ月で嫁いだ。
treo90 (使用中)
 待ちに待ったキーボード搭載機。小さい、軽い、使いやすい、と 
 私の用途では名機。本格的にPIM 機として PalmOS機を使い出す。
 treo90 の液晶に不満で Clie SJ-30 をオークションでゲットしたが、2週間で
 嫁いだ。
T|T3 (メイン機)
 キーボード非搭載だが treo90 の速度、液晶の不満を解消するために購入。
 T|C とどちらにするか迷った。
 大きさ(本体&画面)を優先してT|T3 に。
 T|C を購入していたら、treo90 を手放すことになるのがいやだった
 からかもしれない。
Treo650(既に、嫁ぎ済み)
 キーボード搭載、速度も速い、小さい、軽い、と Treo650 は万能機種かと
 思っていたが、液晶の小ささが老眼には辛かった(^^ゞ
 携帯電話の形状で携帯として使えないこともマイナス。treo90 の形状なら...。
LifeDrive
 iPod 15G を娘が使うようになった。iPod mini でも購入してあげれば安く済むだ
 ろうが、いろいろいじれる PalmOS 機を購入。高い買い物になるかもしれない。
 ただ、音楽は iPod Shuffle で十分というか、これでないとジョグできないので、
 車での利用は考えられるが、LifeDrive が音楽のメイン機にはならないだろう。
 あくまで、購入の言い訳(゜゜)\バキ
 また、本体の大きさ、重さから、PIM のメイン機にもならないだろう。
 実機を触る前から言えることは、「T|T3 と treo90 は、手放さない」ということ。

| | コメント (0)

LifeDrive、いよいよ か?

Sparco.com からのメールによると、

The tracking information should be available
later tomorrow afternoon or Friday Morning.
だ、そうだ。
現地時間か日本時間か、判断できないが(多分、日本時間)、
来週早々、上手く行けば日曜日の「しまなみ」から戻るころに
手元に届くだろう。

| | コメント (0)

2005.06.01

「しまなみ」まであと3日

遠足まえ、最後のジョグ。
8.4km を7min/km のペースで3日間走った。
明日は休養して、後は本番。
予報では、暑くなりそう。水分補給をしっかりしないと。

ウェストバッグが、かなり小さい。
入るのは、デジカメ、180mL ペット、お金、絆創膏くらい。
タオルはベルトに挟むか、首に巻くか。
iPod Shuffle は後半用に中間点に送る予定。

| | コメント (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »