« 通勤ラン | トップページ | Tiger と T|T3 の同期環境 »

2005.05.12

ようやく Tiger インストール

DVD が読めない eMac に FireWire ターゲットディスクモード を利用して
Tiger をインストールした。

Pismo を eMac に FireWire で接続して、ターゲットコンピュータの起動時に
"T" を押しておくだけ。
最初、Pismo をターゲットコンピュータにしてみたのだが、eMac から DVD を
認識できないことが判明。
eMac をターゲットコンピュータにして、Pismo から外部HDDにTiger をインス
トールすることにした。
もちろん、アーカイブしてからインストールの選択も可能(ユーザとネットワーク...
のオプションも有効)。
ただ、実行したら、空きがなくてインストールができない。
いい機会だから、eMac を初期化してパーティションも切り直した。
その前に、バックアップ。
ディスクユーティリティの復元でホームを外部HDD に書き出してもいいのだが、
そのスペースがない。
必要と思われるフォルダ&ファイルをPismo にコピー
・書類(Palm のデータなど)
・ピクチャ/ iPhoto Library(iPhoto の画像&設定など)
・ライブラリ/Application Support/Firefox(ブックマークなどの情報)
・ライブラリ/Mail(Mail のアカウント、ボックス、メール本文など)
・ライブラリ/Preferences(いろいろな設定など、例えば、
    com.apple.mail.plist-Mailの設定
    CopyPasteFolder
    Explorer
・ライブラリ/StickiesDatabase

一部のファイルは、Backup で.Mac にバックアップ。
また、iCal、アドレスブックは iSync で .Mac に同期。

初期化(パーティション切って)後、 Tiger のインストールに53分もかかった。
Pismo だからか、外部HDD だからか、分からないが30分では完了せず。

元の環境に戻す。
・iPhoto
  iPhoto Library を戻して、iPhoto を起動するだけ。
・iTunes
 バックアップしておいた音楽ファイルを「ライブラリに追加」した。
・スティッキーズ
 StickiesDatabase を戻す
・CopyPaste
 CopyPasteFolder を戻す
・Mail
 Mail フォルダ&com.apple.mail.plistを戻す。
 アカウントなどの環境設定は元に戻ったが、Mail で振り分けしている
 メールボックスを開いても、メールがない。
 仕方ないので、「読み込み」を行う。
 「読み込み」 時には、「その他」 を選択。
 今までの Mail では1つのメールボックス内のメールは1つのファイルで
 管理していたが、Tiger では1メール1ファイルになったようだ。
・Firefox
 Firefoxフォルダ を戻す。
・VirtualPC
 Windows システムファイル を戻す。
・その他
 適当に Preferences ファイル を戻す。

さてさて、Palm 関係、iCal、 アドレスブック、などのデータの戻しはこの次に。
 

|

« 通勤ラン | トップページ | Tiger と T|T3 の同期環境 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。