« 息子の誕生日 | トップページ | アイシングは効く »

2005.04.24

日吉ダムマラソン記

hiyoshi快晴、スタート時の気温16度、新緑の中を
日吉ダムマラソンのハーフを走ってきた。
完走の記録をまとめておく。

5:43 起床しちゃった。いつものことながら、トイレで目覚める。
5時間ちょい、の睡眠。ぐっすり眠れたから、大丈夫だろう。
06:40 朝食に、肉まん(冷凍室に寂しそうに残っていたので)、牛乳、それにヨーグルト。
07:29 出発 1時間ちょいのドライブの予定。
08:34 到着 予定通り。
 スタート&ゴールのある府民の森は小高い場所に位置している。
 車でダムから府民の森に向かうとき、この坂を登るのか と。
 まあ、なんとかなるだろうけど。
 駐車場は広い原っぱ。のどかな雰囲気が漂っている。
 受付は9時からだったが、時間前にしてもらえた。ありがとうございます。
参加者 総計2071
 ハーフ 18-40  男性 265 女性 58 小計323
     41以上 男性 543 女性 92 小計 635 合計958
10km       男性 520 女性 206      合計 726
ファミリー 387

09:30 明治鍼灸大学 柔道整復学科のスポーツケアチームの人たちが
 無料でレース前後のケアをサポートしてくれている。大変、ありがたい。
 スタート前に、ウォーミングアップゲルを塗ってもらった。
 塗った時は少し冷たく感じたが、しばらく経つと足が大変熱く
 (ちょっと痛い感じ)なってきた。この状態でアップ開始。
10:00 開会式
 トイレの数はそれほど多くはないが、まあまあスムーズ。
10:40 ハーフ集合
 冬場の大会と違って、集合してからの寒さに耐える 必要がないので
 それほど時間も気にならない。適当に屈伸などしてスタートを待つ。

11:00 スタート
 スタートロスは15秒程度。
 小高い場所のスタート地点から、一気に40m程下って、湖岸沿いの車道に
 入る。車道に入っても、ほとんど平坦なところはなく、小刻みな
 アップダウンが続く。
 この大会は1km毎の表示というサイトの案内であったが、
 時間的にそろそろと思っても、表示が見当たらない。
 
 ようやく、3kmの表示が、路面に小さな黄色文字で書かれているのに気がついた。
 非常に分かり辛かった。
3km通過 16分27秒05(16分11秒51・323.8秒/km)5分/kmのいい感じの
ペース。
1

 これから先に待ち受けるもの。それは、
 4km-6kmで、標高差150m程を登り、
 6km-8.25km で40m を下り、折り返して
 8.25-10.5kmで40mを登って、
 10.5-12.5kmで150m下る。
 そこを乗り切るまでは無理せず、と思いながらペースを維持
4km通過 見落とす

 登りが始まった。既に歩き出すランナーもところどころに。
 いつものジョグコースの坂(それよりもかなりキツイが)をイメージして足を
 進める。
 最初の給水。しかり、水分を補給。
5km通過 27分16秒39(10分49秒34・324.7秒/km)少しペースは落ちたが、
まずまず。

 陽射しがきついので、木陰を見つけてはコースを変更。
 くねくねのコースの内側の最短距離を走る。
 もうすぐ、頂上だ!
6km通過 33分17秒41(6分01秒02・361.0秒/km)ついに6分台に落ちた。

 頂上通過。緩いが長い下りが8.257kmの折り返しまで続く。
 2回目の給水。
 白バイを先頭に、トップのランナーがやって来る。
 すれ違うランナーが多くなると、折り返し地点がもうすぐだ、と分かる。
 大きな三角錐のポイントを折り返して、同じコースを戻る(登る)。
10km通過 52分50秒16(19分32秒75・293.2秒/km)

 頂点がほぼハーフの中間点。
 ここから12.5km地点まで標高差150mの下りが始まる。
 膝を曲げてピッチを速めて降りる。下りが弱いので、必死。
11km通過 57分23秒98(4分32秒98・273.0秒/km)

 残り半分を下りきる。
 一息つくまもなく、小刻みなアップダウンが始まる。
13km通過 66分15秒(8分52秒16・266.1秒/km)

 湖岸沿いに小刻みなアップダウンが続く。日陰がほとんどない。
 前をいくランナーにアップで追いつき、ダウンで離される。
14km通過 71分12秒(4分56秒98・297.0秒/km) じわじわとペース
 が落ち始める。
15km通過 75分57秒(4分45秒65・285.7秒/km) なんとか維持。

 ひたすら、ダムを目指して走る。
後4km通過 86分35秒(10分37秒90・304.1秒/km)なんとか維持。

 ダム手前まで辿り着く。
後3km通過 91分37秒(5分02秒11・302.1秒/km)なんとかダムまで維持。

 ダムを軽快とはいかないが、それなりに走って渡ることができた。
 前走者に離され始める。最後の登りで追いつけるだろう、と思いながら
 ついていく。
後2km通過 96分50秒(5分12秒80・312.8秒/km)

 朝、車で登った車道を「てくてく」と。もう、スピードを出せない。
後1km通過 102分14秒(5分23秒39・323.4秒/km)

 府民の森に入ると、最後の急坂が迎え撃つ。
 多くのランナーが歩いていたが、歩く速度で走った(^-^;;;
 最後にラストスパート。
ゴール 107分45秒(5分28秒99・329.0秒/km)

京都シティーの記録には届かないが、あの急坂を考えると満足のいくタイム。
ただ、最後2kmで失速したのが悔しい。

チップを外し、スポーツケアチームのところで、クールダウンゲルを塗って
もらった。そして、アイシング指導も。氷を15分間両ひざに当てて休息。
両足の小指に大きな豆ができてしまった。
京都シティーハーフではできなかったので、きっと長い下りの所為だろう。
また、シューズの靴底外側がすり減っている。
練習用のシューズでは長く使っていると減ってくるのがよく分かるが、
本番用のシューズでは、この大会でイッキに減った。これもキツイ下り
のため。

車に戻り、着替えをして、家内手作りのおにぎり2つを食べて、公園を離れた。
15:20 帰宅。山道のドライブで足腰がしんどかった。

夕方、試合後、塾に行っていた娘をピックアップして、家族4人で息子の
リクエストの焼き肉屋へ。
息子もラグビーで勝利したようだし、娘も先輩達がバレーボールに勝利した
ようだ。
皆それぞれの1日を報告しながら、肉をたらふく食べた。

5000円のサービス券を持参したので、安心していたが、会計の女の子が
もじもじしている。
「あの〜、有効期限が切れています。」

ががががががぐぁ〜〜。

まあ、そこは主婦の力量.........。

食欲はまだまだ続く。
ケーキを食べて、酎ハイ飲んで、楽しかった長い1日が終わろうとしている。

朝の体重   64.6kg
帰宅後の体重 63.0kg 水分も摂ったし、おにぎりや大福も食べたのに。
寝る前の体重 63.6kg  体脂肪率13.1% 戻りつつある。

次回は5月15日の奥びわこ健康マラソン 15kmの部。


 

|

« 息子の誕生日 | トップページ | アイシングは効く »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。