« 出張前にもうひと走り | トップページ | treo90での文書入力(2) »

2005.03.28

treo90での文書入力(1)

新幹線で雨雲とともに移動。
文章はPsMemoかSendPadで作成することしようと思っているので,まずは
PsMemoにつてのメモ(1)から。
PsMemoは5-WN操作でほとんどの作業が可能である。当然のことだがtreo90
には5-WNがついていない。
(T-Pilotさんの Extentionを利用すれば可能。後述)
treo90でもPsMemoのメニューのオプションのその他設定にあるファンクション
ボタンをハードボタンに割り当てればキーボードでの操作性はかなり
向上する。
PsMemoをハードボタンに割り当てている場合、ファンクションボタンを
利用すると2つもハードボタンが占有されて困ることがあるかもしれない。
そんなときはPsMemoを割り当てているボタンそのものにファンクションボタン
を指定する。
例えばハードボタン2に割り当てる。
なぜボタン2なのかは後で。こればっか(^_^;)
ボタン2でPsMemoが起動する。メモ一覧画面が表示される。
新規作成する場合はコマンドボタン押してnを入力すればいい。
既存のメモを編集したいときは、ボタン2を押しカテゴリの移動。
目的のメモが含まれるカテゴリが表示されたら上下ボタンでメモを選択する。
このメモを開くのにファンクションボタン機能が威力を発揮する。
そうボタン2で開くことができる。
ただ、return key でも開く(+_+)\バキッ!
じゃ、なんのために?
それは作成中のメモを閉じることができるのです(5-WNのselect)
まあこれもコマンド+zで可能なのですが。
開い状態でリセットすることになったら水の泡。マメにボタン2で閉じましょ
う。
これで、メモ作成から終了までが片手で可能となりました。
おいおい、入力はどないすんねん!
ひとまずここまでをT3にビームしてT3-au で投稿してみます。
T3で受け取ったあとはmailのドラフトにcocolog投稿用のテンプレートを
保存しているので、それを開きタイトルを入力、ボディにmemosの内容を
コピペ。POPJ-Bluetooth-auで送信。
サイトが閲覧できない(パケット代が心配)ので、見栄えは3/31に出張から
戻って修正します。

|

« 出張前にもうひと走り | トップページ | treo90での文書入力(2) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。