« SAROMA 履き初め | トップページ | treo90 再び »

2005.03.24

pdf ファイルの内容を持ち歩きたい

とある情報が複数の pdf ファイルとして提供されている。
ほとんどがA4半ページのモノクロテキスト(一部画像もあるが)。
このうち1000個中の200個くらいのファイルを適当に4〜5つに分類して
出張に持っていきたい。
さて、さて、どうしようかな。
Winな環境ではもっと便利な方法があるでしょう。
Mac でも違った方法もあると思いますが.....

1. 紙に印刷
 一番簡単(。_゜)☆\バキ
 ○裏にメモができる
 ○ラインマーカで線がひける
 ×200ページも印刷するのはもったいない
 ×荷物が多くなる
 ×必要なファイルを探すのも大変
 
2. Palm で閲覧
 荷物にならないし、格好よさそう(。_゜)☆\バキ
2-1 pdf ファイルとして
 Adobe Reader で pdf ファイルを開き、ファイルメニューの「 Palm へ送信」を
 実行すると、Adobe Reader for Palm OS がファイルを変換、
 そしてインストール予約をしてくれる
  Palm では Adobe Reader for Palm OS で閲覧
 ○画像もOK(今回はほとんどない)
 ○フルカラー対応(今回はモノクロ)
 ×ファイルがでかい(128K) 200個も変換したら、 SDカードが
  いっぱいになっちゃう
 ×Adobe Reader for Palm OS は、320x480 表示に未対応
 (CodeDiver ではだめでした)
 ×それと、フォントサイズがStdとLargeしかない
  (T-Pilot さん の Font Shift を使えば Small サイズで表示できます)
2-2 MeDoc ファイルして(テキストだけですが)
 Adobe Reader で pdf ファイルを開き、ファイルメニューの「テキストとして保存」
 を実行すると、○○.txt というファイルができる(4k)。
 複数の○○.txt を MeDoc ファイルにするには、WebNovelConverter がいい
 ただし、OSX では使えないので、Classic 環境でWebNovelConverter 起動し、
 小部屋の方法で見出しを付けつつ、複数のテキストファイルをまとめて
 ひとつの MeDoc ファイルに変換する
 ○○.txt ファイル80個から、ひとつの MeDoc ファイル(81k )が作成できた。
 Palm では WDIC で閲覧
 WDIC の操作は、小部屋を参照
 ○ファイルが小さい!
 ○見出しがあるので、直ぐに目的の内容を表示できる
 ○WDIC では、閲覧しながら辞書で語句を調べることができる
 ×画像はだめ(でもいい)
 ×モノクロのみ(なのでいい)

|

« SAROMA 履き初め | トップページ | treo90 再び »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。